【回顧】中山金杯&京都金杯

競馬
Pocket

こんばんは!
祝JRA開幕。世界的に厳しい状況が続く中ですが、まずは無事に中央競馬が開幕出来たのは何より喜ばしい事ですし、競馬ファンとしてはとてもありがたい事です。

中山記念は○ヒシイグアスが快勝。ここに来て力を付けてきている馬で馬群で揉まれるような競馬になった中でも松山騎手も冷静に力を信用して乗っていた印象です。古馬になって力を付けてきた本格派のハーツクライ産駒なのでまだまだ伸び代もありそうで今後も注目の1頭。中々崩れなさそうですね。
ココロノトウダイもうまく立ち回り粘っての2着。以下の馬も含めて前々で立ち回った馬が粘っており思ったよりもコース替わりが効いていた印象です。◎カデナはこうなってしまうと手も足も出ずで完全に読み違えました。まだまだ中山は続くのでこの教訓をどこかで活かしたいところです。

京都金杯は▲ケイデンスコールが好スタートから前でしっかり溜めることが出来て一気に伸びての勝利。どこかで来ると思っていた馬なのですが、イメージの上をいく見事な勝利でした。インコースを取れたことや馬場も味方に付けたと思いますが、それを活かした岩田騎手も馬も見事でした。
◎ピースワンパラディはやはり安定して走る馬ですね。ただ何かにやられそうというイメージはそのまま当てはまり惜しい結果に。外に出した結果ではあると思いますが人気を背負っていたこともありますし納得の競馬はしているかなと思います。エントシャイデンはボンセルヴィーソが控えてくれて絶好の逃げになりました。3〜4着が変わっていたら相当美味しかったですがこればかりは仕方ありません。笑
5着のシュリも初重賞と思えば及第点ではないでしょうか。外枠&追い込みの競馬になったトリプルエースはどこかで狙わなきゃなと思います。

中山金杯は残年でしたが直後の京都金杯がうまく決まり早くも今年の初当たりを飾れたので大満足です!けれどまたすぐに週末を迎えますし気を引きしてて良い結果を出せるように頑張ります!
とは言え競馬は楽しんだらそれでけで勝ち!今年ものんびりと競馬を楽しんでいこうと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました