【競馬回顧】札幌2歳ステークス&小倉2歳ステークス&新潟記念〜夏競馬、お疲れ様でした!〜

競馬
Pocket

こんばんは。先週ついに夏競馬が終了しました。オリンピックによる変則開催もあり難しさがました競馬が多かったイメージもありますがまずはお疲れ様でした。夏競馬の最終週は3つの重賞が行われました。

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス回顧

勝ったのは△ジオグリフ。戦前わりと混戦ではないかな?と思っていたのですが、そんな僕の考えをあざ笑うような圧勝!種牡馬ドレフォンはこの上ない好発進ですね。喉なりの症状などこの馬にはまだまだ注意深くあろうとは思いますがまずは文句なしですし、過去の時計や抜け方を見ると今後もかなりやれそうです。

アスクワイルドモア、◎トーセンヴァンノも前が作ったペースが向いた印象も、ジオグリフにあれだけ抜けられてしまってはどうしようもありません。しかし使って良くなってきたこの2頭は前走よりも良化してきていましたし、今はあまりレースを使わない時代ですが、まだまだ叩き上げで強くなっていってほしいです。

リューベックは最内も禍し、ペースも不向き、にしてももっと頑張れるかと思ったのですが意外でした。矢作厩舎で吉田隼人騎手を予定してた馬なので能力はあるのでしょう。次のレースに注目です。

馬券はトーセンヴァンノが最後3着に頑張ってくれて複勝と三連複が当たり。ジオグリフは抜けて強かったですが、ペース読みは当たり、また山田騎手がほぼしてほしいレースをしてくれたのが痛快でした。このコンビでまた大きなレースに挑戦してほしいです。

小倉2歳ステークス回顧

勝った▲ナムラクレアは見事にペースが向き、浜中騎手も見事に乗り替わりに応えた好騎乗。正直かなり上手く行った印象はありますが、好走するならこのパターンかなと思って印を付けていたのである意味納得。ミッキーアイル産駒はやはりこの舞台強いですね。

2着のスリーパーダは福永騎手の好騎乗でうまく持ってきた印象。まだまだ馬体が増えてくれば楽しみです。

インプロバイザーデュガもしぶとさを発揮したものの、今日は前に厳しかったです。期待した◎ショウナンマッハも終始目標にされ内からも外からも来られる厳しい競馬で沈んでしまいましたが、やはりテンと二の足のスピードは素晴らしいものがありますし、巻き返して欲しいです。

新潟記念回顧

勝ったのはマイネルファンロン。この馬が追い込む競馬をするのも追い込んで最速の上がりで勝つのも全く想像していませんでした。ドゥラメンテがデムーロ騎手の背中を押したのではないかと思える勝利。。。いやあ驚きました。

2着◎トーセンスーリヤは後ろからの競馬を選択。馬場状態を考え始めらか外を通ることを決めていたような競馬。期待に応えジワジワと、しかし衰えない脚を繰り出しました。最もさらに外を通った馬にやられてしまいましたが。。トップハンデでこれだけ走れば上出来でサマー2000王者にふさわしいレースだったとは思います。何より鞍上との息が合っているのが再確認出来たので、次も状態次第では楽しみです。

3着○クラヴェルはやはり堅実駆け。勝利には届きませんでしたがしっかりと成長し夏を走り抜けました。あとは定量戦の時どうかでしょう。

リアアメリア敗退は想像通り、▲ザダルは想像より負けてしまいました。ラインベックがあそこまで頑張るのは驚きました。成長していよいよ期待されていた素質を開花させ始めたということでしょうか。

馬券はトーセンスーリヤの複勝とクラヴェルとのワイドが的中と地味ながらなんとか当てることが出来ました。大当たりとはいかないまでも最後の3重賞で2つ的中なら御の字です。
このまま良いイメージで秋の競馬に入っていければと思います!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました