【競馬回顧】紫苑ステークス&セントウルステークス&京成杯オータムハンデ〜祝!秋競馬開幕!凱旋門賞前哨戦も!〜

競馬
Pocket

こんばんは。いよいよ秋競馬がはじまり、先週は重賞が3つ行われました。いずれも今後に向けても目の離せない一戦だったと思います。

スポンサーリンク

紫苑ステークス回顧

勝ったファインルージュは距離がどうかと思ってましたが好タイムで快勝。秋華賞に向けて試走、課題を持ってのレースだったと思いますがそれでなおこの勝ちっぷりでこれは素直に強かったです。上位陣は馬は1桁の馬ばかりでした。サトノレイナスが残念な故障となってしまいましたが、ソダシへの挑戦状をまずはこの馬が突き付けました。

2着は中山適性をすでに示していたスルーセブンシーズ。ドリームジャーニーの産駒は数は少いですがきちんとオープン級の実力馬を送り出してきますね。3着のミスフィガロ共々開幕週の内枠を利した結果とは思いますが重賞でのこの結果ですから立派です。大野騎手、津村騎手もこういう競馬が得意な印象もあります。

単複で期待した◎ハギノピリナは道中早めに動こうとはしていましたが、ハイペースではないもののスローでもないこの馬には微妙なペースで4コーナーでも外を周りこのコースの負けパターンに。それなりの脚は使ったと思いますが残念でした。このあたりの展開がハマるかは賭けなので仕方ないですが、また展開や馬場が向きそうなレースで注目してみたいと思いました。

セントウルステークス回顧

勝った○レシステンシアはさすがの貫禄といったところ。ラップタイムを見ると開幕週とは言え猛烈なハイペースを押し切りました。近くにいた馬は大敗していますし着差はわずかでも強い競馬でした。ただ身体的にそれほど丈夫と思えないこの馬にとっては反動が出そうな競馬でもあり、まだもう1段良くなりそうな仕上がりでしたが、スプリンターズステークスまでの中間に、計算通り強い負荷をかけられるかどうかは注目して見ていこうと思います。

ピクシーナイトは位置取り的にはドンピシャ。勝ち負けの差は枠の差といったところでしょうか。確実に強くなってきていますし、競馬に幅があるのも強みですね。このメンバー相手にレシステンシアに僅差ですから、この馬もこれで完全にG1を視界に捉えました。

岩田康誠騎手がめちゃくちゃ上手かった△クリノガウディ。馬の癖を利用してか騎手の意思か内にスッと入りロスなく進みレシステンシアを目がけてスパート。跳ね返されても3着に残るのですから馬もやはり強いです。ただ今回は120%のレースだったと思いますし、この馬もかなりキツい競馬。本番までさらに体調が上昇出来るかどうかでしょう。

ジャンダルムは最後猛烈な末脚で惜しい4着。ハイペースが向いたのは確かだと思いますが、本番に出てくるようなら中山適性も高く再びハイペースになると思われるだけに怖い存在です。

期待した◎タイセイビジョンはハイペースと言えどもさすがに最後方で大外では勝負にならず。二の足がついてこないというかトモが少し甘いのでしょうか。最後詰めては来ていますが勝負圏内には1度も姿を現さずで残念でした。

京成杯オータムハンデ回顧

勝った◎カテドラルはインで溜める競馬。器用さも持っている馬でもありますし、展開的にそこまで後ろからにならなかったのも良かったと思いますが、何より本格化を迎え弾け方がレベルアップしてきました。馬場を考えれば強い内容だったと思いますし、今後も楽しみな存在です。

コントラチェックは好スタートから大野騎手は逃げを選択。かつてターコイズステークスを楽勝した快速は伊達ではありませんでした。他の逃げ馬が控えてくれたのも良かったですね。前残り馬場の恩恵が最大限あった好走ですが、スプリント路線からマイルに戻っての好走は価値があります。

グレナディアカーズはもっと積極的に行くかと思いましたが、川田騎手は次を見据えて馬の気分を重視させたように思います。このあたりの利害が馬券購入者と一致しないのは仕方のないところですが、56キロの斤量を背負ってあのコース取りで3着に来たのであれば馬も騎手も力を出してくれたと思います。

秋競馬のスタート。重賞成績は紫苑ステークスとセントウルステークスがはずれ。京成杯オータムハンデが単複、ワイド、馬連、三連複が的中!カテドラルはかなり人気がなかったですが中山芝の前残り具合を見ればそれも納得です。自分もちょっと差し馬は厳しいなと思いましたが、カテドラルは頑張ってくれました。コントラチェックを拾えていて良かったです。グレナディアカーズもギリギリ3着に入ってくれたのが馬券的には非常に大きかったです。
紫苑ステークスとセントウルステークスは実績場を信用しきれなかったのが反省点。紫苑ステークスはともかく、セントウルステークスはタテ目なのでもう少し素直に力を評価しても良かったですね。とりあえず秋競馬を万馬券でスタート出来たのは良かったですが、まだまだ面白いレースは続きますしまたしっかり当てられるように頑張ります。

そして夜には凱旋門賞の前哨戦が行われました。注目のディープインパクト産駒スノーフォールは正直力負けに見えるような負け方で、デットーリ騎手も歯切れが悪かったですね。本番まで状態が上がるか、コース慣れが見込めるか。それでも楽しみには違いありません。
フォア賞を勝ったディープボンドはまた凄い馬になっていて上手く調整が進んでいたよう!馬場適性もバッチリのようでこちらはキズナ産駒で、ダンシングブレーヴの血も入り、グリーンチャンネルの合田さんの解説によれば日本の伝統的な血統のようで面白いですね。クロノジェネシスも無事に輸送をクリアして2頭で凱旋門賞制覇の夢を大いに期待したいと思います!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました