【競馬展望】10月のG1注目馬〜今から楽しみなG1戦線!〜

競馬
Pocket

秋競馬もスタートし、大舞台を目指す馬が次々と復帰していきます。休み明けで望む馬も英気を養い、どんなレースになっていくのか今から楽しみです!

今日は10月に行われるG1の注目馬について書いていきます。ちなみに馬券的な注目馬ではないです。

スポンサーリンク

スプリンターズステークス

セントウルステークスまで終わり、前哨戦はすべて終了したスプリンターズステークス路線。ここは春のスプリント王ダノンスマッシュに注目しています。
香港での競馬は道悪で高松宮記念を勝った反動かいいところはありませんでしたが、去年の2着馬で暮れの香港スプリント制覇、高松宮記念制覇とやはり実績は抜けています。
逆転があるとすればやはりセントウルステークス組から中2週でも上積みがある馬だと思っています。

秋華賞

ここの注目は断然ソダシです。人気、実力とも兼ね備える白毛のアイドルホースですが、最大のライバルと思われたサトノレイナスか怪我で離脱。
相手として考えられるのが、ソダシの厩舎の先輩、ゴールドシップ産駒の漆黒のユーバーレーベンというのが、何とも面白い構図です。

菊花賞

皐月賞の内容を非常に評価しているのでタイトルホルダーに注目しています。スタミナに不安があるとは思えず体力勝負に持ち込んで欲しいです。
今週のセントライト記念に出走予定ですが、負けたとしてもしっかりと先行力を見せてくれればまずは十分かなと思っています。

天皇賞秋

ここはこの秋1番タレントが揃う一戦になる可能性もあります。コントレイル、グランアレグリア、エフフォーリア。
注目しているのはカレンブーケドールです。府中芝コースはこの馬の最も適性のある舞台。他にも府中が最適と思われる馬が多くいるため何とも言えない部分があるものの、カレンブーケドールが1番適性外からの参戦となると思っているので、どんなレースをするのか楽しみです。

ちなみに菊花賞に向かわないエフフォーリアのローテーションについては、体質が強いとは言えないこの馬にとって菊花賞に向かうとなると、長距離の菊花賞へぶっつけはさすがに苦しいのでセントライト記念あたりを使うことになり、さらに輸送して菊花賞を走るとそれで秋終了となる恐れがあります。なのでこのレース選択はアリだと思いますし、また古馬の力関係でもやれるという自信もあるんだと思います。体調が良ければジャパンカップに出る可能性は陣営は捨てていないと思いますし、この馬のレースも非常に楽しみです!


とまあ注目馬が無事にゲートインしてくれることを願いつつですが、来月のG1注目馬を書きました。冒頭に書いたように馬券的な注目というよりも個人的な注目馬です。もちろん馬券的にも本命にするかもしれないですし、全く買わないかもしれないです。
その他にも地方交流レースや凱旋門賞など、楽しみなビッグレースが続きますので毎週忙しくなりそうです!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました