【競馬展望】神戸新聞杯〜G1に最も繋がるG2〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は中京競馬場で神戸新聞杯が行われます。
去年はコントレイルがここから始動。今年もダービー馬シャフリヤールが登場ですね。

毎日王冠などスーパーG2と呼ばれますが、このレースも世代限定によるスーパーG2。菊花賞を勝ち負けする馬はほぼこのレースを走ってますしG1に最も近い関係にあるスーパーG2だと思っています。

スポンサーリンク

神戸新聞杯注目馬

シャフリヤール
ダービー馬の始動戦というのはドキドキするものです。わずか4戦目でダービーを制したシャフリヤール。今回はマークされる立場ですが、毎日杯すでにマークされる側も経験済ですし、中間も福永騎手が付きっきり。アルアインの全弟なのでどこかで距離の限界を示す可能性はありますが、鞍上は中京マイスターでもあり今回中心は動きません。

ステラヴェローチェ
皐月賞、ダービーとも3着と立派なこの馬は大きく羽ばたいてほしい素材です。上がりがそこそこかかる差し競馬であればかなり強いと思わせる馬で、逆によくダービーで少差まで詰めていたと思います。中京コースは恐らく向いているはずで、今回シャフリヤールをマークする競馬をしたら逆転はあるかもしれません。

ワンダフルタウン
この馬は順調さを欠いてなんとか間に合わせた青葉賞を勝ちましたが、ダービーはやはり苦しく注目の秋初戦となりました。しかし逆にまだ未知の魅力がありますし、この馬もこのコースは合いそうだと思います。

シャフリヤールを中心としながら逆転するならこの2頭という馬に今年は注目してみました。セントライト記念が波乱でもありましたし、ここから菊花賞の中心が出てくるのか非常に楽しみです!

それでは!

コメント

  1. […] 2021.03.24 スポンサーリンク 【競馬展望】神戸新聞杯〜G1に最も繋がるG2〜 […]

タイトルとURLをコピーしました