【競馬展望】凱旋門賞〜100回目のメモリアルは見どころ満載!〜

競馬
Pocket

今週はG1スプリンターズステークスが終わった後に、フランスでは凱旋門賞があります。今年のメンバーはレベルも高そうですし、日本馬も挑戦しますし本当に楽しみですね!

スポンサーリンク

凱旋門賞注目馬

アダイヤー
ここを勝つと欧州3冠達成。記念すべき100回目の勝馬に相応しい感じもします。ロンシャンが初めてな上に前哨戦をパスして望むなど、順調さを欠いた感じもしますがどんな実力の持ち主か楽しみです。

ハリケーンレーン
セントレジャーから望むこの馬も非常に綺麗な戦績で、ここに凱旋門賞を勝利が戦績に加わるのが想像出来るような良い馬ですね。主戦のビュッイック騎手がアダイヤー騎乗ということは陣営的にはそういう評価なのでしょうか。

有力牝馬タルナワスノーフォールは共に前走2着も、タルナワは強い相手の2着。ディープインパクトの娘であり、日本からも声援を受けるスノーフォールは状態が上向いていれば巻き返し十分。鞍上はスミヨン騎手とデットーリ騎手と申し分ありません。

日本のディープボンドはフォア賞を逃げ切り。退けたのが今回武豊騎手が乗るG1馬ブルームですからたいしたもの。馬場適性を見せましたし再度あっと言わせるシーンも。

現役日本最強クロノジェネシスはぶっつけでの挑戦次第ですね。古馬になり直線の長いコースでも強いところを見せてますし、海外遠征自体は経験済み。日本場に限らず休み明けで制するのは難しい凱旋門賞だけにそこだけですね。ただクロノジェネシスは怪物クラスの実力馬だと思っています。

他にも2年前に4着があるジャパンであったりロンシャンが味方しそうな戦績の馬がいますので、当てるのは難しそうですがめちゃくちゃ見応えのあるレースになりそうで非常に楽しみです!

強敵だったモンジューに敗れ、エルコンドルパサーが2着に入った凱旋門賞も印象深いですが、伏兵ソレミアに負けたオルフェーヴル!何度あの凱旋門賞を見直してもオルフェーヴルが勝つ気がしちゃいます(笑)それくらい凱旋門賞に手が届いていました。よく言われるように馬場適性のある日本馬が毎年長期滞在すればチャンスはあるでしょうが、輸送のコストや馬生を代償にするリスクを考えると中々難しいでしょうね。今回のクロノジェネシスは短期遠征。タップダンスシチーの場合は飛行機トラブルなどバタバタな中で短期遠征になってしまったので今回の狙った短期遠征でのチャレンジが気になります。勝てばもちろん凄いですが、好走してくれるだけでも今後の欧州遠征の指針になるような気がして楽しみです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました