【競馬回顧】スプリンターズステークス&シリウスステークス〜秋G1は無念のスタート!ピクシーナイトがこんなに強いとは〜

競馬
Pocket

こんばんは。昨日は秋G1開幕戦スプリンターズステークスが行われました。

スポンサーリンク

スプリンターズステークス回顧

勝ったのは△ピクシーナイト。好枠から包まれることもなく出して行って押し切る完勝の競馬。3歳牡馬でレシステンシアやダノンスマッシュ、高松宮記念の上位馬相手に完勝ですから強いの一言。恐らく仕上げていたはずのセントウルステークスから更に短期間で成長しておりこれは末恐ろしい馬が出てきました!レースで強くなるロベルト系の特長でしょうか。モーリスも早々とG1ホースを出し素晴らしいですね。

レシステンシアは2着。この馬の競馬は出来たと思いますが外枠先行が今日の馬場で不利に働いた感じもします。とは言え今日の競馬を見ると単純にピクシーナイトには力量が抜かれたかなという気もします。ここ2戦を見るとスプリンターになった感じがするので次はどこを使うのでしょうか。

シヴァージは内枠を活かし僅差の3着。内枠の差し馬が何か来そうと思っていたのですがこの馬でした…。自分の競馬に徹すれば脚は使う馬ですが内からこんなに伸びて来れるとは想像以上でした。吉田隼人騎手は好調ですね。

ダノンスマッシュには大いに期待したのですが、内枠の状態が良かったにせよあまりに余裕がありませんでした。鞍上も安田隆厩舎の馬でスプリンターズステークスを勝ちたかったでしょうが残念です。こんなにガタッと衰えるとは考えにくいのですが、勝負にも加われない負け方となるとピークは過ぎてしまったのかもしれません。

予想は惨敗!本命は早くから決めていたのでどう転んでもこのレースは取れなかったと思うので仕方ないのですが、ピクシーナイトを4番手にしたのが恥ずかしいくらいの完勝でした。このままもっと強くなるのかと思うと、父モーリスと同様世界に羽ばたく日が来るのでしょうか。馬券は残念でしたが、新しく誕生したスプリントの新王者の走りに圧倒されました。

 

シリウスステークス回顧

勝ったのはサンライズホープ。小倉での前走はいい先行を見せていたのですが、今回このレースに繋がりました。逃げ馬のペースに合わせて気分よく行けて直線も押し切り。中々のメンバー相手に押し切りはお見事ですし、幸騎手もダートでの残し方は相変わらず絶妙でした。

ウェスタールンドは2着。以前チャンピオンズカップでそうした様に後ろから進めやはり内を狙って来ました。中京はコーナーが特殊で急な分、小回りが上手く砂を被れる馬がインを突けるのですが、この馬はバッチリその適性を持ってます。脚質的には相手なりにはなってしまうものの、衰えもなくまだまだやれそうです。

ブルベアイリーデはしっかり先行し3着。距離は急坂コースなら若干長かったのかもしれません。それでも勝ちに行った分もありますし正攻法でよく走ってます。中距離への路線変更は成功で、まだ5歳ですしこれからもこの路線で頑張ってくれそうです。

馬券はサンライズホープは抜けたもののワイド的中で十分な戦果でした!復帰以降毎レース買ってたウェスタールンド絡みで取れたのは嬉しいですし福永騎手もよく本命を3着に残してくれました。また年末には中京競馬場が控えていますし福永騎手の警戒はまだまだ続きそうです。

G1は残念でしたがシリウスステークスが当たり、とりあえず今週も重賞を取れたので良かったです。まだまだG1やG1に直結しそうな重賞が続くので、ひとつでも当てられるように来週も頑張ります!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました