【競馬展望】京都大賞典〜外回りコースで復活なるか〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週阪神競馬場では京都大賞典が行われます。開幕週で阪神外回りの長丁場。速さはもちろんですが、ある程度パワーも必要となりそうです。

スポンサーリンク

京都大賞典注目馬

キセキ
今年も元気に走っているキセキ。掲示板は外さないレースを続けており、目に見える衰えも無さそうです。この馬は常々思うのですが減速せずに回れる大箱コースが向いていると思っています。今回の阪神外回りはようやく訪れた適条件。外回りならスムーズに上がってこれそうです。そもそも今回のメンバーでは格上の存在ですから、ここで復活の勝利は期待出来ると思います。

アリストテレス
この馬もG1好走、G2勝ちのある馬ですからここでは上位。ただ近走はかけられた期待を下回る走りを続けています。来ておかしくないけど期待し過ぎも良くないというのが率直な感想です。ただ馬を動かしていくデムーロ騎手はこの馬に合いそう。

モズベッロ
実績ならこの馬も負けていません。道悪の鬼のイメージが強いですが、良馬場でも重賞勝ちがあるように決して苦手ではありません。叩きながら良化していくイメージがあるので今回は仕上げがどの程度なのかがポイントです。

ダンビュライト
こちらも古豪となって久しくもまだまだ元気なダンビュライト。安定した先行力はまだまだ健在なこの馬。淡白なレース振りのイメージはありますがいつも愚直に力を出してくれます。この馬は単純にここでの力が足りるかどうかの判断で良いかと思いますが、馬券圏内に来る力量は十分足りていると思っています。

アイアンバローズ
条件戦を上がってきたアイアンバローズ。いきなりG2なのでなかなかしんどいとは思いますが、スローから持続的な脚を使う馬ですが、開幕週高速馬場で結果的にバテずに脚を使い続けられる馬が上位に来るのもよくあるパターン。内枠を引ければ面白いです。

ここは自分はキセキの復活なるかの一戦だと思っています。オールカマーや毎日王冠と違って戦前に中心とならざるを得ない馬はいませんが、実力的にはキセキは最上位。「奇跡的」ではなく、実力通りに好走してもらいたいです。

それでは!

コメント

  1. […] 【競馬展望】京都大賞典〜外回りコースで復活なるか〜 […]

タイトルとURLをコピーしました