【競馬展望】秋華賞〜ソダシに死角はあるか?〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週からG1が続きます。今週は秋華賞、白毛のアイドルホース、ソダシが登場です。
もはや「白毛だから人気がある」ではなくて「ソダシだから人気がある」となった華も実力もある素晴らしい競走馬です。

スポンサーリンク

秋華賞注目馬

ここは圧倒的な注目馬となるソダシ。いつもの展望では馬ごとに書いていくのですが今回はこのソダシを倒せる馬がいるのかどうかを探ってみたいと思います。あくまでもソダシに勝てるかで、馬券の対象になるかではありません。

ソダシは勝つときはいつも僅差ですが、それでも何とか勝ったというよりもしっかりと勝ったという印象の勝ちっぷり。馬の視野はとても広いといいますし、ソダシは伸びてくる他馬が視界に入るとそこから脚を伸ばす賢さと器用さと勝負根性があるのでしょう。


先頭を譲りたくないという競争本能と、レースにいっての器用さはなかなか他に持っている馬が少ない能力で、鞍上の指示にしっかり応えるのも素晴らしい能力です。ダイワスカーレットやキタサンブラックのようなと言えばいいでしょうか。
よってソダシをマークし交わそうとしても中々勝つことは難しく、人馬ともに基本に忠実にレースをしてきそうなアンドヴァラナウトアカイトリノムスメは、対ソダシに限っては勝ち切るのは厳しいかなと思っているので自分の中では外れます。

オークスの敗因を距離だと考えると、今回の阪神内回り2000メートルは悪くない舞台設定でやはりソダシが勝つかなという気はしていますが、もしかしたら死角になりうる可能性として考えてみたいのはスローペースからのキレ味勝負になった場合。持ち前の勝負根性を発揮する前に一瞬で交わして、再度ソダシが伸びる前にゴールを向かえてしまうパターンです。札幌記念を見ても持久力勝負に持ち込んだら逆に他の馬の体力が持たず相対的にソダシが有利になると思うので、ソダシを交わすパターンはこれしかないかなと思っています。イメージとしてはサトノレイナスが桜花賞でやった競馬のスローペース版です。もちろんスローのキレ味勝負でもソダシが一級品の可能性もあるので、そうだったら完全にお手上げなのですが。
そのパターンになる展開としてはエイシンヒテンがレースを作る場合。枠の並びは大きなポイントになりそうです。ただし吉田隼人騎手が強気にソダシで逃げてレースを作った場合はその可能性は消えます。その競馬は相当な勇気と、またペースを上げての逃げが必要になるので相当な覚悟が必要になります。

と色々な条件が噛み合って、自分が想像するパターンになった時に果たしてどの馬があり得るかというところですが、1番可能性がありそうだったサトノレイナスが居ないのは残念で、それ以外の馬で最もソダシと接戦を演じたのはユーバーレーベン。しかし手塚調教師が順調さを欠いていると発言している以上いかに名伯楽と言えどもオークス並みの状態では送り出せなそう。そうなればソダシに最も肉薄し、その強さを骨身に染みているであろう騎手、ルメール騎手を配したファインルージュかなという気がします。紫苑ステークスは驚きの強さでしたし、桜花賞で正攻法の競馬でも着差は僅かでした。今回ルメール騎手がソダシを出し抜くような競馬を企画すればかなり面白い戦いになりそうです。その次がやはりユーバーレーベン。その次がローズステークスでは競馬にならなかったものの、オークスでラスト最速の脚を使ったタガノパッションです。その他逃げ先行馬はソダシに先んじるのはかなり厳しそうですし、安定した実績のアールドヴィーヴルはまだまだ馬体が足りないと感じてます。

まとめると個人的に想像するソダシを負かすパターンは、
①エイシンヒテンの逃げ(スロー)
②正攻法の競馬をしない
③一瞬でも差せる脚を持っている
④出し抜く競馬を企画出来る騎手

以上の4つが噛み合うことかなと思っています。書いてみて思いましたが、ハードル高いですね…。それにこうなったとしてもソダシはそれらすべて跳ね返す可能性を持った馬でもあります。馬券圏内ということで3着までと考えるなら3着はかなりの馬に可能性があると感じています。

ソダシは好きですし、負かしたい!と思っている訳ではないんですが、絶対的な主役にどう挑むのか。というのも競馬の大きな魅力ですし、その中で倒せるパターンが思いつくのであれば馬券的には狙ってみるのも悪くないかなと思っています。

勝手な妄想を色々書いて見ましたがそんな妄想など簡単に置いていかれるのも競馬ですし、10にひとつもこの妄想が当たれば良いほうなのですが、今年の秋華賞はこの切り口が自分が1番楽しめそうなので長々と書いていきました。
追い切りや枠順も重要なのでそれ次第で最終的にどういう狙いにするかは考えますが、とにかく今年は何にせよソダシを中心に考えぬきたいと思います。

それでは!

コメント

  1. […] 【競馬展望】秋華賞〜ソダシに死角はあるか?〜 […]

タイトルとURLをコピーしました