【競馬展望】菊花賞〜永遠に悩める長距離決戦〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は菊花賞が行われます。牡馬クラシック最終戦。皐月賞馬もダービー馬もいませんが、個人的にはステイヤー=レベルが高くないとは思っていないのでとっても楽しみなレースです。ただし今年の菊花賞はめちゃくちゃ難解なレースです!

スポンサーリンク

菊花賞注目馬

ステラヴェローチェ
ソダシの無念を晴らしたい厩舎と騎手にも注目ですが、この馬は全天候型の末脚が魅力的な世代屈指の実力馬。馬群やインコースを突けるのも、バコがすでに菊花賞馬を出しているのも、小回りが良さそうなのも全てプラス要素です。ただ今回は1番人気の立場。共同通信杯では57キロとは言え1番人気で前目の馬順で競馬をして案外でした。その時のこともありますし本番でいきなりいつもの競馬を変えられる人気ではないにで、今回も追い込みに徹するのは思いますが果たして頭まで届くのかどうか。ダービーで掲示板に乗ったのはこの馬だけなので確実に地力上位ですがここでも3着までというのもあり得なくはありません。なんとなくもしここでも3着だと馬の人気はめちゃくちゃ上がりそう…。

タイトルホルダー
思えば今回のメンバーでダービーで先着を許したのはステラヴェローチェのみ。また皐月賞で掲示板に乗ったのもこの馬とステラヴェローチェのみです。G1での2着を含めやはりここでは実力実績上位なのがタイトルホルダー。前走は度外視可能な一戦でもあり、それはレースを見たら一目瞭然なのであまり人気は落とさないでしょうが、スタミナ豊富なのはレース振りから明らかなのでここは大いに巻き返しが期待出来ます。菊花賞を逃げ切るのは難しいですが、逃げてでも力を発揮させるつもり乗ってくれれば大きなタイトル奪取も有ると思います。横山武史騎手の腹をくくった騎乗に注目です。不安は輸送を無事にこなせるか。色んな意味で自分との戦いになりそうです。

オーソクレース
セントライト記念で3着と及第点で復帰を終えたオーソクレース。ルメール騎手も怖いですし上位人気になりそうです。ただこの馬も初輸送というのもありますが、セントライト記念で馬体を増やして来なかったのが気になります。マリアライトの子で血統的な成長力や阪神適性には期待出来ますが人気次第に寄っては妙味はないかなと思っています。

アリーヴォ
去年のアリストテレス枠かなと思うのがこの馬。2走前の高速馬場の時計勝負も前走の道悪競馬でも結果を出してきた馬でスケールを感じます。2走前下した馬がセントライト記念で4着とそれなりに結果が出ているのも好材料で、イタリア馬名にデムーロ騎手というのも何とも縁を感じます。馬券圏内という点では面白そうですが、かなり綺麗な戦績のため当日までにどんどん人気になっていきそうです。

その他にも牝馬が2頭も登録しているのも面白いですね。今年のメンバーで上位に食い込めるチャンス有りというのもあるんでしょうが、馬の適性重視という昨今のレース選択のトレンドだなあと感じます。
着順通り予想するのはかなり難しい一戦ですが、まずは最終追い切りで各馬の動きをしっかりチェックしていきたいと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました