【競馬展望】11月のG1レース注目馬

競馬
Pocket

こんばんは。中央競馬もG1シーズンがはじまり、毎週ビッグレースについて頭を悩ませる楽しい日々です。今日は一足先に来月のJRAG1の注目馬を書きます。本命にするかどうかではなくて自分の中でその馬を中心にレースを見るであろう注目馬です。

スポンサーリンク

エリザベス女王杯

去年はラッキーライラックが参戦し見事な勝利でした。今年は阪神の2200ということで宝塚記念と同じコース。タフさがさらに求められそうです。

このコースであれば内枠に入ればウインマリリンが面白そう。オールカマーは中山外回りなので小回りコースと言うかは微妙ですが、中山小回りの日経賞を勝ってますし、前走も詰まりながらの圧巻の勝利でした。ただ次はマークが厳しくなる分閉じ込められるリスクを考えると存外外枠のほうが良いかもしれません。そしてこのレースに強い世代と思われる3歳牝馬ではどの馬が回ってくるかも注目です!

マイルチャンピオンシップ

ここはシュネルマイスターですね。ソダシが出てきたら面白いと思っていたのですが、状態を考えると出走は厳しそう。久しぶりに登場したマル外の大物のマイル王誕生に期待しています。ここも3歳馬で他にどの馬が出走するかも楽しみで、ワンツーもあるかもしれません。

ジャパンカップ

空前絶後のジャパンカップから1年が経ちました。今年はコントレイルの引退戦でありそこにシャフリヤールが参戦予定とのこと。ここはやはりコントレイルのレースに注目しています。天皇賞でどのような結果になるかまだわかりませんが、去年のジャパンカップを見てもとても強い馬なのは間違いないですし、アーモンドアイに続いて有終の美を飾れるか注目です。他にもカレンブーケドールも出てくるならやはり向いている舞台だと思うので気になりますし、個人的な願望としてはエフフォーリアが状態次第で出走してこないかなと期待しています。

ちょっと先のレースですが個人的な願望込みで書いてみました。思いがけない馬の参戦があったりと、まだまだレースまで色々なことが起こりそうですが、きっと年末まであっという間ですし、しっかりと楽しんで行きたいと思います!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました