【競馬予想】菊花賞〜逃げろ!タケシ〜

競馬
Pocket

こんばんは。明日は菊花賞ですね。混戦に輪をかけて人気が予想された馬が外枠に入るなど一層悩ましい状況になってきました。未知の阪神3000メートルでもあり、やっぱり読める要素としては外よりは内のほうがいいかなぁという印象です。なんと言っても(京都ですが)ジャングルポケットがマイネルデスポットに遅れをとるのが菊花賞ですから難しいです。

スポンサーリンク

菊花賞予想

◎タイトルホルダー
○セファーラジエル
▲レッドジェネシス
△ステラヴェローチェ
△ロードトゥフェイム
△ヴェローチェオロ
△オーソクレース

◎単複
◎→印への馬連、馬単
◎○→印への三連複

レース見解

本命はタイトルホルダー。前走は度外視可能な一戦ですし、内枠もゲット。輸送さえこなしてくれれば今回は巻き返しを期待出来ます。そもそも王道を進んできた春の実績馬ですし力は上位。鍵になるのは気性面ですが変に横に馬を置くよりは個人的には逃げてもいいと思っています。逃げ切りは至難の業ですがお父さんがセイウンスカイでやってのけたように思い切ったレースをして力を出し切ってほしいです。逃げなくとも縦長になり単騎で進めるような隊列になればそうそう崩れないと期待しています。

対抗はセファーラジエルにします。力のあるところを感じさせながら徐々に身体も追いついてきた印象で、前走も折り合いはしっかりと出来ていました。ここは良い枠を引いてインコースも狙えそう。鞍上もコース取りにロスのない競馬をしてくれるので、荒れるとしたら、という前提でこの馬の馬券圏内突入に期待してみました。この馬を三連複の軸に加えましたがパドックでのタイトルホルダーとセファーラジエルの状態を見てセファーラジエルを2着3着にした三連単を買うかもしれません。

レッドジェネシスは神戸新聞杯2着。その時はロスを省くコース取りだったのでステラヴェローチェとは着差以上に差はあったと思いますが、この枠順なら今回も枠の差を活かしてレースが出来そうです。長距離に強い厩舎ですし当然有力。

ステラヴェローチェはみるみる人気を落して来ましたが、ずっと王道を進んできたのはこの馬とタイトルホルダーのみ。やはり外す理由もありません。ただ馬群を捌いたり内を突っ込める馬なのでこの枠で強みが削がれたのは大いにマイナスで、主役級の今回吉田隼騎手が腹をくくってイン差しを選択してくるかがポイントになりそうです。

ロードトゥフェイムは中山巧者なんだろうとは思いますが、目標になりながら同着に持ち込んでここに繋げてきました。そのあたりの勝負根性や、春に重賞挑戦している上がり馬というのは魅力的。内を裁くのが上手い丹内騎手も良いですね。

ヴェローチェオロは、ソダシ、エフフォーリア、ダノンザキッドとも対戦のある馬で、いずれも勝負には持ち込めるなかったものの離されすぎなほど負けてもいませんでした。秋を迎え明らかにパワーアップをしている点と、ゴールドシップ産駒に向いてそうはコースに期待です。

オーソクレースは最後にしました。最大の理由は人気に対しての妙味が薄いということが大きいのですが、長期休養明けでの初遠征。経験値の少なさや、若干のゲート不安と大外。これで人気を背負ってやってきたら仕方ないと諦めます。ただ全てを跳ねのけて持ってくる可能性のあるルメール騎手なので素直にびびって抑えておきます。

正直勝ち筋が想像できたのがタイトルホルダーだけで、後の馬の勝ち切るまでのパターンがどうも自分の中でしっくりこなかったのでこういう予想になりました。「枠が内なら」と思った馬は何頭もいるのですが、手広く流し過ぎてもと思ったので気になった馬ここまでにしておきます。今回はタイトルホルダーを見るレースになりそうです。長距離戦の存在意義が色々と言われていますが長距離G1で複数回馬券になる馬は普通に強い説を唱えているので、予想やレースを見る醍醐味としてもっと盛り上がってほしいなと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました