【競馬展望】天皇賞〜今年はここで一期一会の三つ巴〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は東京競馬場で天皇賞秋が行われます。三冠馬コントレイル。マイル女王グランアレグリア。皐月賞馬エフフォーリアと、菊花賞の上位ジョッキーが有力馬に跨り激突します。去年のアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトのようにこのメンバーが激突するのは恐らく最初で最後。この中で府中2000メートルで実績のある馬はいませんが(エフォーリアは条件戦で勝ってますが)、府中コースは実力を発揮してきた舞台。Bコース変わりでフラットな馬場に近づくと思うので純粋にここでの力量比較に徹して後はレースを楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

天皇賞秋注目馬

コントレイル
思えば牡馬三冠馬が天皇賞秋を走るのはナリタブライアン以来でしょうか。ナリタブライアンは故障明けで状態も戻らない中での出走でしたが、コントレイルは休養充分で良い状態のようです。もうコントレイルは天皇賞秋とジャパンカップを残すのみ。

牡馬三冠馬がその後連敗したケースは過去になく、ここは確勝を期して望む一戦でしょう。仮にここでグランアレグリア、エフフォーリアに敗れると雪辱の機会も、それより強敵と思われる馬との対戦の機会もなくなってしまう可能性が高い。逆にここを勝つならば出走予定メンバー的に無理にジャパンカップに向かわずに引退というケースもあるかもしれません。この馬は種牡馬として日本の2代に渡る三冠馬の血統を繋ぐ大切な使命があるので、1番大事なものは何かと考えれば、このレースがコントレイルの勝負レースになるでしょう。しかし「種牡馬の価値」というもので現実のレースは決まるのかな…という気もしています。ロジカルなものほど生身のレースからは遠ざかりそう、というのは感傷的過ぎでしょうか。

ただ純粋に三冠馬ですから受けて立つ存在であり、コースも適性に合いそうな三冠馬が状態良く出てくるのであれば当然勝利に1番近い存在です。なんとなく同世代の牡馬の印象が薄いので実力が不安視されつつある感じがしていますが当然強い馬です。ただ三冠馬に失礼な重箱の隅かもしれませんが、58キロがはじめてというのは多少気になります。

グランアレグリア
同じく今年で引退と思われるグランアレグリア。デビュー戦から大物と言われ続けそれに違わぬ活躍を続けています。今回は喉の手術明けというのが気がかりではありますが、藤沢先生が使ってくる以上は問題無しと判断するしか無さそう。

藤沢調教師と言えば天皇賞秋を3歳で勝たせた唯一の調教師。他にも秋華賞から中一週で送り込んだダンスインザムードで2着など、とにかくこのレースに強い印象です。調教師に取っても最後の天皇賞秋。しかもグランアレグリアが勝てばスプリント、マイル、中距離G1制覇という偉業達成。引退ではあるものの最後まで挑戦となるなんて、藤沢先生らしいとつくづく感じます。

春はG1を3連戦。しかもそれほど感覚が空いてなかった連戦でした。そんな中で崩れないグランアレグリアが強いのは間違いないですが、自分の中では距離はやはり長いと思います。大阪杯は「道悪の2000メートル」がしんどかったとルメール騎手も話していましたが、それは確かに厳しい条件だったと思うんですが、道悪自体は高松宮記念でも安田記念でも走っています。良ならもっと強かったのかもしれませんが、それを言い出したらキリがないので、案外あの大阪杯の、コントレイル>グランアレグリアというのはそのまま参考にしてもいいのかなと思っていたりします。しかしそろそろ秋のG1を勝ちたいルメール騎手はやはり怖い存在です。

エフフォーリア
ダービーでは惜敗しましたが菊花賞が終わってもなお、いや一層世代最強はこの馬であると思います。ダービーはルメール騎手など各ジョッキーから徹底的にマークされ最後は福永騎手に狙い撃ちにされました。勝負は勝負なので敗戦には違いありませんが、力量的にはここでも遜色ないと思っています。負けてこそ強くなるロベルト系でもあります。久々の一戦で、データ的には依然として3歳馬が勝つのは難しいレースですが藤沢イズムを継ぐ鹿戸厩舎という部分は期待してしまいます。

気になるのはここに賭ける勝負度合いでしょうか。この馬の場合は来年以降も大レースで走ります。ここで負けてリベンジが叶わなかったとしても、来年パフォーマンスを上げることで名声を取り戻すことは出来るでしょう。…ただ相手は三冠馬とマイル女王。戦うにはまたとない相手ですし挑戦者の立場で望める戦いでもありタケシ騎手もはここは全力で勝ちにくるとみます。逆に敗れても失うものが最も無い馬でもあり、実力的に遜色ない馬が守りに入らず全力で攻めてくるとすればこれほど怖いことはありません。

カレンブーケドール
長く競馬の中心にいる5歳牝馬世代。この馬には重賞タイトルはありませんが、それでも大きなレースに欠かせない存在として輝きを放っています。重賞未勝利なので前述3頭には実績では劣りますが、3頭の死闘により隙が生まれれば割って入れる馬だと思います。同期のグランアレグリアとは初対決になるのも密かに楽しみです。

この馬は広いコースのほうが明らかに良い馬だと思っているので、有馬記念、日経賞、天皇賞春、宝塚記念で実力が存分に出せていたとは思えません。今回は昨年のあの伝説のジャパンカップ以来に得意な舞台での競馬になります。あのレースでのコントレイルとの斤量は改善されており、机上の計算ではありますが相手の成長を考慮しても太刀打ち出来る可能性は十分です。今回は戸崎騎手ではじめて最適と思われるコースでのレースなので大いに期待したいです。ポイントは極端な差し馬場になっていないかどうか。一番枠や馬場状態を含めて考えないといけないかなと思っている馬です。


やはり今回はこの4頭の戦いかなぁという印象です。馬券的には固く収まりそうですが、配当を気にするレースは別にして、予想は素早くまとめてこのレースはレースを楽しみたいという気分です!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました