【競馬展望】アルテミスステークス〜去年はソダシが駆けた注目のレース〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は重賞が3つ。土曜日東京競馬場では2歳牝馬重賞アルテミスステークスが行われます。去年はソダシが勝ったレースですし、歴代の勝ち馬にはビッグネームもちらほら。この時期の東京競馬場の重賞は将来性を試される一戦にもなるようです。ただキャリア的にまだ対戦比較が出来ない馬たちですし、懸念点を想像していったらキリがありません。今回はあくまで馬のスケール感で注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

アルテミスステークス注目馬 

ミント
新潟の稍重のマイル戦を大外一気でここに望みます。大外からのスタートも若さを感じさせ、道中も外外、直線でもフラフラ進路を大外に取ってからの快勝でした。新潟で勝ち上がってきた馬は何頭といましたが、荒い競馬に見える勝ちっぷりに目を引きました。逆に言えば完成まで時間がかかり、また内枠だと怖いですが、立派な馬体も目を引きますしどんな走りをするか楽しみです。

フォラブリューテ
ルメール騎手のこの馬はやはり注目の存在。こちらは良馬場で勝ち上がって来ましたが、よく差しきれたと思うような道中のラップと展開でした。ルメール騎手のサインにきちんと反応するのも素晴らしいですし瞬発力が非凡。こちらはその見事な競馬ぶりに注目しています。

ロムネヤ
国枝厩舎が新馬戦から無理をさせないのは良く知られていますがこの馬はその新馬戦を逃げ切り。押し出されるような逃げでしたが上手にレースを進め、最後の坂でも失速しなかったのは凄いです。内容的には完勝なのでこの厩舎の2走目の上積み、このコース得意なディープインパクト産駒は今回この馬だけですからここは面白そうです。

サークルオブライフ
もう1頭の国枝厩舎のこの馬。初戦はイクイノックスに千切られましたが、相手は素質馬ですし、この厩舎の初戦なのであまり気にしなくて良いと思います。特筆したいのは前走の未勝利戦の勝ちっぷりです。最内出遅れから大外を回して伸び続け、結構厳しいペースの中を加速ラップで快勝。加速ラップは坂なしコースや、スローペースでは特に価値はないですがこのレースは文句なしの好内容、しかもムチ入れずでした。出遅れは良くないですし、重賞であの大削りな競馬で通用するのはさすがに厳しいと思いますがオークスまで期待してみたいと思っています。

という訳でスケール感で注目したのはこの4頭。特にサークルオブライフというところです。ただ実際のレース予想は、今回上位に来ると思われる馬を予想しなければならないので難しいところです。荒削りながら底知れなさを感じる馬か、早くもセンスの良さを見せている馬か。
後は追い切りなどで状態を確認して週末を待ちたいと思います!

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました