【競馬予想】天皇賞秋〜この盾は譲れない馬たちの決戦〜

競馬
Pocket

こんばんは。いよいよ天皇賞秋がやってきました。この秋一番の決戦になりそうで本当に楽しみな一戦です。三冠馬のプライドか、名伯楽の集大成か、若き人馬の挑戦か。

スポンサーリンク

天皇賞秋予想

◎エフフォーリア
○コントレイル
▲カレンブーケドール
☆グランアレグリア

◎→○▲→○▲☆、
○▲→◎→○▲☆への三連単
◎○馬連、ワイド

レース見解

本命はエフフォーリア。馬体のパワーアップと気性の成長が見える中間で、世代トップの馬が順調に成長を遂げたのであればここは通用するはず。ダービーで敗れた1枠1番には三冠馬が入りましたが、相手の馬は違うものの敗れた騎手は同じ。ここは自身へのリベンジを賭け、一気に頂点に立つ走りに期待しました。

対抗コントレイル。三冠馬に対抗評価は失礼だと思いますが、今回は本命馬により魅力を感じたので失礼ながら2番手評価に。この馬の実力は言わずもがな。内枠は現役でトップクラスに上手いジョッキーですし活かしてくるでしょう。

3番手にカレンブーケドール。やっと適性に向いたコースでの競馬となり、そういう舞台での戸崎騎手もやっと競馬が出来るので期待は高まります。外を引いてしまったものの、それほどスタートから積極的な馬もいないので割とスムーズに好位が取れそうです。

グランアレグリアはその次の評価にしました。良馬場なら2000メートルはこなせるというジョッキー以下の見立ててで、それは確かにそう思いますが、「こなせる」というのと「適性がある」というのは全く違います。「こなせる」で勝てるのはかなり能力が抜けていないと厳しく、今回の相手で能力断然であると言い切る自身がなかったので4番手評価としました。しかしながらこの馬を含めてこの4頭はいずれ劣らぬ名馬だと思っています。

去年のジャパンカップのようにとにかくレースが楽しみな今年の天皇賞秋、馬券を忘れても楽しもうと思っています!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました