【競馬展望】金沢JBCデー〜今年は金沢競馬場!〜

競馬
Pocket

こんばんは。今年は金沢競馬場で行われますJBCの各レース。

金沢はかなり小回りなものの、内ぴったりがそれほど有利でもないという難しいコース。僕自身金沢競馬場に詳しい訳ではないので、ここは割と素直に「小回りダートで実力を発揮しそうな馬」くらいに留めて注目してみます。

スポンサーリンク

JBCスプリント

レッドルゼル
ドバイ帰りの休み明けの東京盃では外に切り替えて追い込むも3着まで。今回は状態もかなりアップ、と言うかこの馬の国内での最大目標になりうるのはこのレースくらいだと思うので、追い込み馬のこの馬にとってキツいコースですがここは勝ちたいところ。大外は良かったと思いますし後は川田騎手が強気の競馬を選択するかどうか。

サンライズノヴァ
南部杯では軽視しましたがこの鞍上を迎えたのは相当気になります。金沢の名手吉原騎手。南部杯を勝ったコンビ復活で、激走するには条件が整いすぎている感じがします。この1400メートルの距離も悪くないと思いますし一撃があっても。

モジアナフレイバー
南関東のモジアナフレイバーはマイル路線に参戦し、今年はJBCスプリントに挑戦。元々南関東の馬として中央の強豪相手に戦ってきた馬ですし、南関東はダート短距離にかけては強い馬が多いですし、この馬が通用しても不思議がないと思っています。久々がどうか。

サクセスエナジー
東京盃を快勝したサクセスエナジー。1200メートルが嫌われてか前走は人気がありませんでしたが鮮やかな勝利。基本的に1400メートルの方が良いでしょうし今回も怖い存在。ただ前走まではあまりピリッとした結果が出ていなかった馬で前走は距離短縮でたまたまピリッとしただけかも。。

JBCクラシック

テーオーケインズ
クリソベリルが去り、ダート路線も世代交代が始まろうとしていますが、帝王賞を勝ったこの馬がその筆頭でしょう。帝王賞は非常に強い完勝で、この秋は王道路線を選択。ここも勝って一気にダートの王道を突き進めるか。

ミューチャリー
南関東のミューチャリー。散々JRAの強豪と戦ってきたこの馬ですがついにこの馬が栄冠に輝く時が来るのかもしれません。白山大賞典を使い満を持して望む一戦。鞍上吉原騎手も怖い。

ダノンファラオ
絶好調の横山武騎手が乗るダノンファラオ。帝王賞は前に行く馬がパワーのあるクリンチャーにすり潰されるような厳しい競馬でした。今回カジノフォンテンの出方は気になりますがスムーズに先手が取れるようならここはかなり面白い存在。パワーが必要な小回りコースであればスタミナのあるこの馬の適性はかなり高いと思っています。

JBCレディスクラシック

テオレーマ
かなり前に行きたい馬が揃いやはり気になるのは差し馬。逃げ馬が揃っているからといって差しが決まるかと言うとそんな簡単なものでもないですが、この馬の差し脚はなかなかのもの。キャリア的にもまさにこれから伸びんとする馬ですし、鞍上川田騎手にも期待です。

マドラスチェック
この馬は先行馬ですが、前に馬を置けるので今回のメンバー構成なら差しに回りそう。牝馬ダート路線の真ん中を走ってきた馬で、舞台は違いますが去年の2着馬。うまく馬群で我慢できれば一発ありそうです。

サルサディオーネ
逃げ馬が多い時でも行き来ってしまった馬が案外残ることも多いです。そう考えるとかしわ記念でカジノフォンテンにもハナを譲らなかったこの馬の逃げ足は驚異。斤量差を考えてもダノンファラオを振り切った前走は見事でしたしここもどこまで粘るか、はたまた逃げ切るか。注目しています。


今週は水曜日に大レースがあるので忙しいですね!改めて考えるとダートのスプリントG1はJRAにもあったほうがいいなと思います。海外ではダートスプリントG1が多く組まれていますし、国内のダート短距離馬の目標にするレースがJBCスプリントだけと言うのは少し寂しいです。南関東の短距離馬が中央馬に対抗しうるのもその辺りに理由の一つがありそうな気がします。

いずれにしてもたっぷり競馬が楽しめる1週間で嬉しいです!

それでは!

コメント

  1. […] 【競馬展望】金沢JBCデー〜今年は金沢競馬場!〜 […]

タイトルとURLをコピーしました