【競馬展望】マイルチャンピオンシップ〜2強に割って入る馬はいるか〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週はマイルチャンピオンシップ。グランアレグリアがこちらに向かってきました。これがラストランの可能性もあり、マイル女王として壁となれるか。そこへ挑むシュネルマイスターが若きマイル王として新たに君臨するのか。

速い時計は出ていますがその時計を出すにはパワーを必要とするなかなか特殊な状態だと思います。

エリザベス女王杯は大波乱でしたが、次の週は一転硬く収まるのもよくある話ですし、続けて荒れるのもよくある話。なんとも難しいですがただこの秋のG1は1番人気がここまで勝ててません。

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ注目馬

シュネルマイスター
毎日王冠で安田記念で4キロの斤量差が2キロになってもダノンキングリーを逆転したシュネルマイスター。このレースは3歳馬には斤量が有利とも言えないレースなので、今回逆にグランアレグリアより1キロ背負うのは楽ではありませんが、それでも今の阪神の馬場は非常に合いそうです。ユーバーレーベンやウインマリリンで輸送に疑問符が付きそうな手塚厩舎ですが、フィエールマンの厩舎ですし全く気になりません。6戦のキャリアですでにG1勝ち、安田記念3着の実績など来年以降この路線のエースになっている存在なのは間違いありません。この馬に関してはアラを探すより可能性に期待したい気持ちの方が大きいです。

グランアレグリア
マイルで圧倒的な力を見せてきたグランアレグリア。天皇賞秋からどこに出走となるか注目でしたが連覇のかかるマイルチャンピオンシップを選択。思えば藤沢調教師の初G1はシンコウラブリィでのマイルチャンピオンシップでした。彼女もまた5歳牝馬でしたね。実績から考えてもここで最右翼なのは間違いないですが、懸念される中2週での輸送はやはり簡単ではないでしょう。この馬としては勝たなければならなかったのは天皇賞秋だったと思いますし、ここは勝っても負けても恐らくこの馬の絶対評価にはそれほど影響のない一戦。前走のデキをどのくらいキープできているか。

インディチャンプ
去年と同じく休み明けでここに挑むインディチャンプ。さすがに新興勢力の台頭に押され気味の今年の戦績ですが、それでも簡単には引き下がらない実力馬。去年2着のレース振りを見るとコース適性も感じますし挑戦者の立場になる元王者の意地を見せてほしいです。叩いて良くなるイメージもありますが、それよりも本番の厳しい流れで力を発揮するタイプなので現状の力は出してくれると思います。過去の実績からも内枠が欲しいです。

この実績上位の3頭に割って入る存在として気になるのはグレナディアガーズとホウオウアマゾン。

グレナディアガーズ
はNHKマイルカップでシュネルマイスターの3着に敗れていますが、ペースを考えるとかなり強い競馬をしています。前走はアメリカ遠征も視野に入った中で日程的に選択したレースで、内枠や重ハンデなどかなり同情できる内容でした。今回はG1で怖い池添騎手が代打。中内田厩舎で池添騎手というのはあまり馴染みない組み合わせで間違いなくオーナーサイドの意向。躊躇なくこの馬も勝負に来るでしょう。

ホウオウアマゾンは一本調子なところがある逃げ先行馬ですが、伏兵の立場なら面白いと思える存在。形が決まっている中で愚直に競馬をすれば穴を開けてしまう可能性はあると思います。先行力が活きる可能性があるコース替わりとコース実績。そして若武者坂井騎手の切符のいい騎乗でどんな競馬を見せてくれるか楽しみにしています。

先週は3強ムード。今週は2強対決の様相ですが2強で決まるのか、割って入る馬がいるのか、大波乱か。いずれにしても各馬の状態のチェックが的中への手掛かりになるのは間違いないと思いますし最終追い切りに大注目です。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました