【競馬展望】マイルチャンピオンシップ最終追い切り〜有終の女王に挑む挑戦者の状態は〜

競馬
Pocket

こんばんは。マイルチャンピオンシップの最終追い切りの映像を見て気になった馬を書きます。

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ追い切り

グランアレグリア
やはりラストランと決まったグランアレグリア。来年のドバイがラストランかもと憶測もありましたがこれだけの名馬ですし、しっかりと身体を休めてから繁殖に臨むのは最もなこと。名馬は競走馬を引退しても戦いは続きます。この秋は天皇賞秋が最大目標だったと思うので、中2週でどこまで状態を維持出来ているかがカギですが、ウッドコース長めで追われた今回、少なくともヴィクトリアマイル→安田記念の時よりは良かったです。安田記念の時は中2週もありましたが、何より春の目標だったはずの大阪杯から3走目でしたからね。後は前走で前に行った分脚を溜められるか。

シュネルマイスター
こちらも素晴らしいデキで向かえそうです。躍動感もありますし悠然とした貫禄もあります。状態に関しては文句なしなので、予想するに当たって後は枠次第ですがグランアレグリアを意識する競馬をするのかしないのか。グランアレグリアに取って代わる可能性のある筆頭の馬との評価の高い馬ですが、その評価に値する馬であると追い切りを見て改めて思いました。ルメール騎手はこの馬の背中を知っているだけに大変な強敵ですが、そういったものを打破する可能性のある騎手として横山武騎手はもってこいです。

グレナディアガーズ
こちらも素晴らしい状態ですね。シュネルマイスターがキングマン産駒ならこちらはフランケル産駒。阪神マイルもタフな馬場も歓迎でしょう。シュネルマイスターが躍動感ならこちらは坂路を凶暴な気迫を秘めながら上がって来ました。この馬は今回の立場的には自分の力を開放するだけ。一発有り得そうです。

注目馬にも上げていたこの3頭が追い切りでも目を引きます。その他にサリオスも休みを挟んで良い感じに仕上がってますね。ここから強くなって来そうな馬だけに警戒が必要です。安田記念は馬場も展開も不利もあり、全てが噛み合わなかったですね。インディチャンプも悪いという訳ではありません。この馬もグランアレグリアには一矢報いたいクチでしょう。後は各馬のレース戦略だと思いますが、陣営が意図するレースに状態面を問題にせず挑めると思うのでこれは素晴らしいレースになるのではないでしょうか。
しかし馬券に限っては大変そう。グランアレグリアとシュネルマイスターだけで良いと思えばここ一点。しかし割って入る可能性を考えるならどちらかを切るか、どちらかが頭だと割り切るくらいでないとあまり面白くないかもしれません。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました