【競馬予想】マイルチャンピオンシップ〜女王の最終章〜

競馬
Pocket

こんばんは。明日はG1マイルチャンピオンシップ。マイル女王グランアレグリアのラストラン。圧倒の桜花賞、衝撃の2020マイルチャンピオンシップ、仁川のマイルで印象的なレースを繰り広げたグランアレグリアもこれで完結です。最後は歓喜のラストランとなるか。

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ

◎シュネルマイスター
○グランアレグリア
△グレナディアガーズ
△インディチャンプ
△ケイデンスコール

◎単勝
◎→印への馬単、三連単

レース見解

本命はシュネルマイスター。グランアレグリアに敬意を払いつつもこの新たなマイル王候補に期待します。前哨戦の競馬をしつつ勝ちに行ったダノンキングリーを下した毎日王冠が素晴らしい内容でした。毎日王冠からここに向かう3歳馬は珍しくないですが、この馬は56キロを背負ってのもの。それでいて質の高いレース内容でした。ルメール騎手からの乗り変わりは手の内を知られている相手だけに大変ですが、今の横山武騎手ならと期待しています。先週はウインマリリンで(騎手のせいではないとは言え)悔しい結果でした。このジョッキーは逆境をバネに割と短い間に巻き返す印象もあるので、人馬ともに今回1番勝ちを期待しています。それと個人的にグランアレグリアに勝つのであればこの馬であってほしいという思いもあります。安田記念では外枠からは外を回り僅差でした。今回は斤量差ではなく成長力で押し切ってもらいたいです。

対抗にはグランアレグリア。この馬が相手にしてきた馬を見るだけでどれだけの名馬かわかります。対抗ですが今回も力量は最上位。天皇賞秋より良い状態とはいかないでしょうが、名馬は普通の状態であれば、得意条件ならきちんと力を発揮します。枠は絶好。

以外今回の脚質が読みにくいですが素晴らしいデキにあるグレナディアガーズ。古豪インディチャンプケイデンスコールはようやく内枠ゲットですしコース実績もあるので抑えます。

これだけの名馬の引退レースということで早くも寂寥の思いを感じはじめていますが、その馬を相手にシュネルマイスターにはぜひ次の歴史を切り拓いてほしいです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました