【競馬展望】ジャパンカップ〜コントレイル、全開か〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週はジャパンカップ。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトで決まった夢のようなジャパンカップから1年が経ち当時の主役の中からコントレイルが戻ってきました。これが引退レース。

スポンサーリンク

ジャパンカップ注目馬

コントレイル
引退レースとなるコントレイル。返す返すも天皇賞秋で負けたのはこの馬としては痛恨だったと思いますが、内容は良かったですし勝った馬を褒めるしかないです。リベンジをする相手を欠くこのレース。勝っても最強馬を証明できる戦いではなく、しかしここも取りこぼすと失うものはあまりにも大きいです。守りに入りに行きそうな状況ですが、中間の調教内容は決して守りに入ることなく勝ちに来ていると感じる内容。ここは何としてと勝ちたいでしょうしそもそもこの馬は圧倒的なポテンシャルを秘めていると今でも思っています。無事に引退レースを締めたいという気持ちよりも勝つためと、中間の攻めはそれが十分に伝わってくる熱の入りよう。圧倒的な実績馬の渾身の仕上げを施してくるパターンは、パッと思い出すのはシンボリクリスエス。あの時も負けて終われない有馬記念で、藤沢厩舎が珍しく攻めに攻めた仕上げを施していた記憶があります。今回の矢作厩舎も同じような思いで仕上げてくるに違いありません。それを受け取る福永騎手。そもそも天皇賞秋で上がり最速で走った馬ですしそれだけで勝利の資格は十分ですし、どんな姿でパドックに現れるのか、今から非常に楽しみです。

シャフリヤール
ディープインパクト産駒の牡馬早熟説というのは否定はしませんが、ディープインパクト産駒のダービー馬は7頭いる中秋に国内G1を使えた馬は多くなく、ディープブリランテ、ロジャーバローズはワグネリアンは故障。キズナとマカヒキは欧州遠征。コントレイルが菊花賞とジャパンカップに出走したのみです。このシャフリヤールはエフフォーリアを現在唯一破った馬。キャリア4戦、レコード2回でダービーを勝った天才ホース。前走神戸新聞杯で問われた能力は今回は問われないでしょう。そして近年、その年のダービー馬がジャパンカップに出てきて崩れたのはワンアンドオンリーくらいなのでここも大いに期待しています。この馬が勝った毎日杯当時の印象深いコメントがあります。グレートマジシャンで2着だったルメール騎手がシャフリヤールを「あの馬はバケモノ」と評していたのを強く覚えています。今回は当時と同じ川田騎手。コントレイルを負かすならやはりこの馬が最右翼でしょう。

以上ガチガチですが、注目馬ということで言うとこの2頭が圧倒的です。オーソリティは前走のメンバーレベルに疑問ですし、古豪キセキの軌跡にも敬意を払いたいですが他のベテランホースと同じく突き抜ける勢いがあるかと言われると…そうなると外国馬は魅力的に思えますが今回同様の理由でそこそこ売れそうなので妙味は無さそう。しかしブルームは、父オーストラリアの母ウィジャボードが2年連続でジャパンカップに来日し共に掲示板と好走していたので状態が良ければ日本の芝にも対応してくるかもしれません。

今年もやっぱり面白いジャパンカップ。週末が楽しみです!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました