【競馬展望】12月のG1注目馬!

競馬
Pocket

こんばんは。いよいよ師走の競馬に突入します。今年は各世代各路線に役者が揃っていたなあと感じる中央競馬でした。いよいよ最後の締めくくり。馬券は別にして12月の中央競馬G1の今の時点で気になっている馬を書きます。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップ

間近に迫っているチャンピオンズカップの注目馬はなんと言ってもソダシ!恐らく馬券的には嫌って妙味ではありますが純粋に走りに注目という意味では断然この馬です。クロフネ産駒はクロフネの走りっぷりほどにはダートで大物を出してない印象ですが規格外のこの馬はどんなレースをしてくるのでしょうか。抜歯後のレースというのもあまり聞いたことがないだけに色んな意味で注目です。

阪神ジュベナイルフィリーズ

高素質馬が集まりそうなこのレースでの注目はサークルオブライフです。多頭数の遠征競馬で不安点もありますがスケール感あるレースは見ていて気持ち良いです。デムーロ騎手と手が合っていそうでもあり、新たなロベルト系のヒロイン誕生となるでしょうか。

朝日杯フューチュリティステークス

ここはセリフォス。今回はクリスチャン・デムーロ騎手騎手ということで図らずも2週間ともデムーロ兄弟に注目となりそうです。新潟2歳ステークスのレベルを思えば今回ここに向ってくるメンバーでは順当に勝ち負けになりそうです。

有馬記念

見どころ満載となりそうな有馬記念。大好きなエフフォーリアにももちろん期待していますが、注目となるとクロノジェネシス。グランアレグリア、コントレイルと引退戦を勝利してのものだけにこの馬もそうなるのかどうか。舞台はピッタリの馬で、グランプリ4連覇という記録がかかります。と言うかこの記録に挑戦出来るだけでとんでもない馬です。

ホープフルステークス

ちょっとメンバーが読みにくいですが出走予定の中からコマンドライン。国枝厩舎とルメール騎手のタッグがデビュー時よりダービーを意識するコメントを出していたのが(リップサービスもあるでしょうが)印象的でした。前走は明らかに距離不足を感じさせるレースで、ここは楽しみです。すでに途中で動かしても折り合えるようにルメール騎手が手の内に入れてるのもいいですね。

まだまだ出走が定まっている状態でもないですが現時点での注目馬はこんな感じです。願わくば全馬無事にゲートインを迎えてほしいです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました