【競馬回顧】香港〜日本馬の快挙と落馬事故を見て思ったいろいろ〜

競馬
Pocket

こんばんは。昨日は阪神ジュベナイルフィリーズがありましたが香港では日本馬が多数挑戦した国際競走の数々が行われました。

香港ヴァーズではここを狙いすましたグローリーウェイズが2勝目。一昨年のこのレースの強さは尋常ではなかったですが、今年もスローペースを貫禄の差し切りで強さを見せました。日本でも去年のジャパンカップを強気の競馬をしての4着に来た馬ですしトップレベルの馬。お見事でした。

香港スプリントは悪夢のレースとなってしまいました。落馬の香港馬2頭は予後不良となったとのことでご冥福をお祈りします。ピクシーナイトは無事だったそうですが福永騎手は最悪の自体は避けられたとは言え状態が心配です。ダノンスマッシュは川田騎手がなんとか落馬を避けて御してくれて良かったです。

香港マイルゴールデンシックスティーが圧巻の内容で勝利。こういう競馬を何度やっても勝てなそうというのでしょうね。サリオスは豪腕ジョッキーは合いますね。そして血統的にもここから上昇があっておかしくない馬なので来年の初戦、鞍上に誰を迎えるかを含めて注目です。

香港カップは日本馬のワンツー。ラヴズオンリーユーは最強5歳牝馬世代のオークス馬。ここも力は抜けていましたし、狭い所を割って抜かせない走りはお見事でした。こういう競馬は若い時のラヴズオンリーユーからはなかなか想像し難いもので、やはり強敵相手の競馬を繰り返した経験がこれだけの強さを引き出したのだと思います。そういう意味ではヒシイグアスにはまたとない経験になったでしょうし、これから先が楽しみです。

川田騎手もあの落馬の後でも本当によく乗ってくれて、日本の競馬ファンに向けて無形の熱いメッセージを送ってくれたと思います。僕はずっと川田騎手のファンですが来年も熱いレースと騎乗を楽しみにしています。

競馬を長い事見ているので、落馬事故は大きいレースかどうかに関わらずたくさん見てきましたが、改めて今回の落馬事故で思ったのはどんな事故があって、そこに心を残しても残った者達のレースは続いていくんだなと思いました。それが競馬の宿命か、残酷なことかどうかはわかりませんが、ただそう思いました。「競馬と人生の比喩」みたいなことは良く言われますが、人生で起こりえる悲喜の事象をこれほど鮮明に突然目の前に突きつけるものは他にないかもしれません。そして事故が起こらないそうに願うばかりです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました