【競馬回顧】ホープフルステークス&東京大賞典〜今年最後のG1は完敗!しかしいいレースだったなぁ〜

競馬
Pocket

こんばんは。ホープフルステークスと東京大賞典も終わり今年の競馬も大方終了。競馬ファンはここでもう年明け間近という現実を認識することとなります。今日は2つのレースの回顧を簡単に。馬券は外れましたが良いレースでした。

スポンサーリンク

ホープフルステークス回顧

勝った△キラーアビリティは横山武史騎手が正攻法の競馬をしての完勝。前走は油断負けのような内容でしたのでメンバーレベルが上がることでしっかり能力を見せてきたように思えます。しかし輸送や多頭数や中山の坂もこなしてこれでますますパワーアップするでしょう。強かったですしタケシジョッキーは本当に凄いですし、良い馬が回ってくるという流れも味方につけて、来年の活躍が楽しみです。

コマンドラインはゲート内で集中出来ず競馬の組み立てもうまくいきませんでした。しかしあそこまで完敗するとはさすがに意外でした。これで府中のレースで巻き返せないようだと厳しいですね。馬体は本当に良いものを持っているので巻き返してほしいです。

東京大賞典回顧

4連覇達成の○オメガパフュームはまだまだ健在でした。最後大きく外に膨れながらの勝利はここでは格が違うと言わんばかり。世代交代が進む各路線ですが、ラストランの大井のオメガパフュームは最後まで王者でした!

クリンチャーもパワーダートでやはりしぶとく強いですがあの競馬で敗れたのなら仕方のないところか。どこかでビッグタイトルのチャンスはあると思うので、この旅人のようなクリンチャーにはまだまだ元気で頑張ってほしいです。

ウェスタールンドもやはり末脚健在でした。ここまで走れれば十分でしょうし、年齢で嫌われるようならまだ美味しい馬だと思います。

ミューチャリーは最後の最後差されて4着。悔しいですが勝ちに行く競馬をしたのには感動しましたし納得のレースを見せてくれました。この馬は来年6歳とダート馬としてはまだ活躍が期待できますし来年も大いに地方馬の意地を示してほしいです。

ともにいいレースで一方は未来へ向けて、一方は王座を譲ることなくの競馬で競馬のドラマが満載のレースだったように思います。気がついたら金杯まで一週間ということで競馬を見ていると本当に1年が早いですね!今年も楽しい競馬をありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました