【競馬展望】未知の魅惑の1戦1勝馬〜シンザン記念のラスール〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週の競馬は3日間開催で重賞は日曜に中京競馬場でシンザン記念。月曜に中山競馬場でフェアリーステークスが行われます。

この時期に3歳馬の重賞は対戦比較も難しければ結果よりも教育に比重を置いてレースに望む陣営もあるため非常に難しく、横の比較より長所を見出して思い切って買うくらいが良いかなぁと思っています。

そんな中両方の重賞で注目を集めそうなのが1戦1勝で望む関東名門厩舎の牝馬2頭、ラスールとエリカヴィータ。中でもシンザン記念のラスールが注目度は上でしょうか。

ラスール

藤沢厩舎のこの馬は新馬戦を圧勝。負かした馬も勝ち上がっていることからレベルも比較的保障されていると思いますが、それよりもルメール騎手の「第2のグランアレグリア」発言で断然の人気を集めそうです。

この発言が出るということは恐らく抜群のスピードを持つ馬なのでしょう。しかしながら個人的には中京の芝はスピードがあることが断然である武器ではないと思っています。勝つことは当然視野にいれつつも軸は別の馬から入ろうかなとは思っています。

しかし新馬を圧勝した馬というのは何とも魅力的ですよね。「未知の魅力」というのは不確定要素でしかなく、馬券としては人気を集めると妙味は消えるので別の馬から入ったほうが長い目で見ると勝てるとは思いますが、これを書きながらラスールのレースを見ていると良い馬だなぁ…と思ってしまいます。週末が楽しみです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました