【競馬展望】根岸ステークス〜難解!各馬ざっくりとカテゴリー分け〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週はフェブラリーステークスの前哨戦、根岸ステークスが行われます。フェブラリーステークスの前哨戦としてある適度機能している重賞だと思っているのでG1に向けても目の離せない一戦です。

ただ難しいメンバーが揃いました。去年のメンバーより今年のメンバーの平均レベルは低いと思いますがG1でも面白そうな馬も居て悩ましいです。

今回は気になる馬たちをざっくりと分けてみました。

このコースでタイトルが欲しい馬

ヘリオスこの条件で逃げ連勝で本格化!?この舞台は譲りたくない。

タガノビューティー府中コースで末脚堅実。ペースが流れがちなこの距離も合っているかも。

オメガレインボーこちらも府中は歓迎で末脚堅実。距離の融通コースも問わず本格化中。鞍上も好調

ここで復活、実力を見せたい馬

タイムフライヤー前年3着の内容が秀逸。デムーロ騎手を迎えて復活するならここと渾身の仕上げをしてきそう。

エアスピネル砂被らず進めれば実力はここでも上位。枠の並び次第で。

モジアナフレイバー短距離のレベル高い南関東の強豪。フェブラリーステークスの挑戦経験もあり。速いダートになれば面白い。

G1へ狙い明白な馬

ソリストサンダー去年のフェブラリーステークスは枠や状態面から敗退も、かしわ記念、南部杯2着。武蔵野ステークス解消と、今年こそタイトルを狙えるという充実ぶりで本格化しているこの馬がやはり最右翼。しかし逆に言えば最大目標が次のフェブラリーステークスであることは明らかなのでそういう意味で今回は付け入る隙はあるでしょうか。

大きく3つに分けてみましたがそれ以外にこのレースは結構極端な追い込みでも届くことが多いレース。今回のメンバーを見てもこの傾向に無理に逆らうことはないかなと思っています。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました