【競馬予想】東京新聞杯〜長所と不安が入り混じる混戦〜

競馬
Pocket

東京新聞杯は枠の並びでさらに難しくなった気がします。
ホウオウアマゾンが外に入り逃げ馬はその内。イヴーシヴパンサーとカテドラルは器用さを活かしにくい外に。追い切り良く見えたシュリは回避。ファインルージュは追い切り良く見えず、カラテは上がりタイムに限界がある可能性。と不安な部分を並べればかなりの混戦模様なのですが、そんな時こそ不安要素が少なそうな馬よりも人気になってなくても長所に魅力を感じた馬を買いたいと思います。

スポンサーリンク

東京新聞杯予想

◎ケイデンスコール
○カラテ
▲ファインルージュ
△ドナアトラエンテ
△マルターズディオサ
△カテドラル
△カレンシュトラウス
△ホウホウアマゾン
△アオイクレアトール

◎単複
◎→印への三連複

レース見解

本命はケイデンスコール。とにかく59キロの斤量に関しては不安です。しかし今回は馬群で競馬が出来る枠に当たり、積極的な石橋ジョッキーも悪くないと思っています。実績上位の馬でもありますし凡走するとしたら斤量面ということになるのでしょうが、他の馬にも多かれ少なかれ不安要素はあると思っているのでここはこの馬に馬券を託しても良いかなと思っています。

今回人気馬が信用しきれないのはオッズを見ての通りでもあるのですが、逆に人気馬を買おうと思うのもやっぱり何か違う気がしたので素直に決まったら決まったで仕方ないと開き直ることにしました!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました