【競馬回顧】東京新聞杯&きさらぎ賞〜無残なはずれかた!〜

競馬
Pocket

今日は東京新聞杯ときさらぎ賞と2つの重賞が行われました。共にG1へ向けて素晴らしいレースでしたが、馬券がひどい外し方で暫し呆然としております…

スポンサーリンク

東京新聞杯回顧

勝ったイヴーシブパンサーは強い競馬で重賞制覇。この馬は器用さを求められて強さを発揮すると思っていたので外枠がどうかと思ったものの全く問題ありませんでした。破った相手も強くこれはマイルの新星が現れました。

ファインルージュは身体を増やしつつも馬群からの競馬でもしっかりと力を発揮しこちらも視界良好。○カラテも存分に力は出したと思いますが勝つまでのキレは微妙だったか。ただ十分にマイルのトップホースですね。

期待した◎ケイデンスコールは気分よく先行策も実らず惨敗。斤量もそうですが差す形を作れなかったのは残念。ただ一発を狙ってのものでしょうしチャレンジを責めるつもりは全くありません。これが今後良い形に出て欲しいです。

きさらぎ賞回顧

きさらぎ賞は▲マテンロウレオと○ダンテスビューの叩き合いに尽きます。ノリ騎手は好調ですが川田騎手との叩き合いを制するのはまだまだ健在どころか本当に素晴らしいジョッキーです。両馬とも今後に向けて賞金加算出来たのは大きいですね。しかしホープフルステークス組の巻き返しは顕著で、ダンテスビューもイクイノックスの4着だった馬ですし、3歳馬牡馬の勢力図はイクイノックスとホープフルステークス組、朝日杯組も強そうですし、評判と実績通りに形成されつつある印象。この路線以外から新星の誕生も期待したいです。

エアアネモイは…なかなかコメントし辛い敗戦で反省するばかりですが血統的に長い目で見守りたいです。

という訳で大はずれでした!!予想がはずれるのは仕方ないんですが、はずし方というのはあって、今回は東京新聞杯は勝ったのは無印で○▲が2、3着というセンスのなさ!きさらぎ賞がキレイなタテ目で▲○△と、なかなか後味悪い内容でした…両方ともこういうのはなかなか経験ありませんがもう後は運が上がるだけと開き直って行こうかなと思います苦笑

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました