【競馬展望】共同通信杯追い切りの感想〜ダノンスコーピオンは逆に凄い馬なのか〜

競馬
Pocket

週末の重賞の追い切りを見たので感想を書きます。

共同通信杯の追い切りは抜群に見えたのがアサヒ。黒鹿毛のカッコいい馬なので良く見えるの馬ですがゴーサインを待てる気性とそれに応える反応の素晴らしかったです。ここで賞金を積みたいという思惑に応えられる仕上がりです。これはさらに人気になるでしょうね…

ジオグリフはあまり調教を良く見せる馬でもないのでこんなものかも。馬体は良さそうですね。道悪はドレフォン産駒の何となくのイメージでこなせそうですが未知数は未知数。ただ喉なりには湿った空気で行われるならそれは良さそうです。

ダノンスコーピオンは併せ馬にならずこんなに気性が悪かったかなという印象と馬体がゆるいというかフニャっとした走り。馬体は増えてほしい馬ですが何か違う感じです。しかしこの気性と身体でこれまであれだけ走っているのは逆に凄いですね。完成したらどれだけ走るのでしょうか。ただ今回のレースという意味ではこの追い切りに関しては良いとは思えませんでした。

クイーンカップの追い切りで1頭挙げるならスターズオンアース。パワーとしなやかさも持ち合わせた馬で今回も仕上がりは良さそうです。横山武騎手で追い切られたのも良いですし道悪が残りキレキレの馬場でなければ勝利に1番近そうです。

京都記念は各馬まださすがに前哨戦仕上げだなぁという印象もユーバーレーベンは活気十分で明らかに秋とは違う仕上がり。人気になることは確実な馬ですが無理して嫌うこともないかなと思いました。

しかし各レースともお天気が心配。あまりに馬場があったすると把握しようのない能力差で決まったりもするので慎重にいこうと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました