【競馬回顧】共同通信杯&京都記念〜馬券妙味を考え過ぎて撃沈〜

競馬
Pocket

こんばんは。先週は3つ重賞が行われましたがダノンベルーガにも驚かされました。簡単にですが回顧を。

共同通信杯ダノンベルーガの完勝!馬群外から堂々の競馬での差し切りでこれで春の新星誕生と楽しみになりました。キャリア1戦で勝ったのはリアルスティールくらいしか記憶に無いので差の無い3番人気になった時に「しめしめ過剰人気だ」と思って喜んで消したのですがこの馬を買った方のほうが思い切り見る目があったようで僕の完敗です。

とは言え期待した◎ダノンスコーピオンは体重を増やして出ることも出来ず完敗。○アサヒは大出遅れで今後にも課題を増やす内容でどう足掻いてもこのレースは当たらなかったようです。。。

ジオグリフはやはり喉にこの天候は良かったと思いますが2着まで。57キロでこの内容なら十分ですがダノンベルーガが鮮やか過ぎてしまい春に繫がるのは勝ち馬だけかなぁという印象です。

京都記念アフリカンゴールドの逃げ切り。マイペースに持ち込んだとは言え直後に付けていた馬を馬券外に沈めてのものですからお見事。▲タガノディアマンテは中距離に対応しこちらもレース選択の幅が広がる好内容。△サンレイポケットもさすがに人気に差がなかったとは言えさすが人気を落とし過ぎていましたね。

驚いたのはジェラルディーナでこの馬場でももう少しのところまで突っ込んできました。これは重賞制覇まで時間の問題のようです。ヴィクトリアマイルを目指すなら次は必勝で望むことでしょう。

阪神の馬場は逃げ馬は残るもののそれ以外は先行馬よりも差し馬という印象で難しいですね。ちょっと馬場が読めない印象なので単純に実力比較が重要になりそうだと思いました。

という訳で京都記念のワイドのみ的中均等買いだとガミなので全く自慢になる的中ではないですがG1フェブラリーステークスに向けてとりあえず当たったので良かったです。しかし騎手BOXはあまりしない買い方だったのですが困った時は予想方法のひとつになるかもしれません。次回機会があれば今度はバシッと当てたいと思います!
共同通信杯の結果を見て思ったのはあまり強欲に馬券妙味を考えてもダメだなあということ。馬券を買う以上力を認めつつも切らなければならない馬というのはどうしてもいるので仕方ない部分ではありますが、やっぱり的中は正義ではありますね。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました