【競馬展望】フェブラリーステークス〜G1開幕も勝つ馬がイメージし辛い混戦〜

競馬
Pocket

いよいよ今週はフェブラリーステークス。G1がやってきます。しかしダート王者テーオーケインズもダート女王マルシュロレーヌも不在。リピーターが多いレースなので、昨年の1、2着馬が今年も活躍する結果となるのでしょうか。

スポンサーリンク

フェブラリーステークス注目馬

カフェファラオは昨年の覇者でもありこのコースで絶対の強さを見せる馬でもあります。ただ昨年は外枠が珍しく不利な馬場。内枠からうまくかぶされずに先行し有利な馬場を走りきるという上手く行き過ぎのような競馬でした。それをエスコートしたルメール騎手は今年は背中になく、包まれるとあまりよろしくないという点の解消も恐らくしていないと思うので枠の並びがどうなるかが最大のポイントかもしれません。しかしなぜルメール騎手じゃないんだろう。

レッドルゼルソリストサンダーミューチャリーはその珍しく外枠不利な昨年のこのレースを外から差してきた馬。特にレッドルゼルは勝負圏内まで持ち込んできました。
レッドルゼルは当然有力なのですがスタミナを温存しての競馬になることは間違いなさそうで人気を背負う立場からすると戦法がわりと限定されてしまうのはちょっとしんどいかもしれません。
ソリストサンダーは叩き台だった根岸ステークスがよもやの大敗で、前哨戦より間隔も短く一変は微妙かもしれません。根岸ステークスはここを見据えての仕上げであったと思うのは間違いないのですがこの短期間でピークに持っていけるのか陣営の手腕が問われます。
ミューチャリーは芝スタートをこなしてしまえば交流戦の力関係的には上位と言っていい存在であり面白そうではありますが根岸ステークスでの南関東モジアナフレイバーの着順から勘案すると中央のダートだと掲示板までかもしれません。ただこの馬好きなので何だかんだ買ってしまうような気がします。

エアスピネルはこのコースでは堅実。昨年の本命にした理由のひとつに鞍上がインコースにこだわってくれそうという理由があったのですが、デムーロ騎手も伏兵に乗る時は上手くインで我慢をしてくれる事も多く大外でなければ買おうとは思っています。武蔵野ステークスはもう少しインに潜り込みたかった中でのレースだったので非常に枠が重要。砂を被れるのは大きな強みです。しかし今回かつてこの馬のG1制覇を寸前で阻止したデムーロ騎手が鞍上とは不思議な因果です。

インティは去年からレースの幅が増えて逃げ一本でなくなったのが大きな強み。もはや差しでも良さそうと思えるくらいなので今年のメンバーなら押さえなきゃいけない馬だと思っています。何といっても今年のフェブラリーステークスは旧勢力で十分足りると思われる力関係なのが大きなポイントかなと思います。

前哨戦を勝ったのに人気にならなそうなテイエムサウスダンスワーヴアラミス。前者はマイル実績の無さが大いに不安ですが前走差しての好内容で鞍上含め怖い馬。後者は府中よりもタフなダートが合いそうなので買うならばテイエムサウスダンのほうを考えています。

ソダシはチャンピオンズカップ参戦に続きダート挑戦。中間の動きはいつもながらに、いつも以上に良く見えます。芝スタートでもあり自分の競馬は出来そうですがさてどうでしょう。スピードがあることは間違いなく道悪になれば芝のスピードがここでも通用しても。この馬にも枠が重要で揉まれずに先行したいと思うので大外が取れれば面白いと思っています。

最後に天候を味方に付けられるか気になっているのがアルクトス。一昨年はハイペースに巻き込まれ失速。昨年は直線伸びないコース取りで敗退。しかしこの馬はスピードの出る高速ダートでこそ強さを発揮する馬だと思っているので、雨がふり道悪ダートになれば三度目の正直があるかもしれません。もちろん盛岡コースに異常に適性を持っているだけかもしれませんが。

基本的にはやはり実績馬の争いになりそうで、実力というよりも枠順や馬場適性が大きなポイントになりそうです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました