【競馬展望】ダイヤモンドステークス&京都牝馬ステークス〜今週の4重賞はどれも大変だ〜

競馬
Pocket

今週は4つの重賞レースがありますがG1フェブラリーステークスを筆頭にレースの中心になるような馬が不在でどれも非常に難しいです。正直1つ当てられたら十分凄いんじゃないかという感じがしています。今日はダイヤモンドステークスと京都牝馬ステークスの注目馬を書きます。

スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス注目点

ミライエノツバサの激走が鮮烈なレースですが、基本的に意外と人気馬は走っている印象もあるスタミナ比べのレース。
今年は4歳馬が人気になりそうですが、注目点しているのはステイヤーズステークスを経由しているゴーストトーセンカンビーナマンオブスピリット

雨も振りそうでより過酷な条件で行われそうなレースだからこそレース経験を買ってみたいなと思っています。メロディーレーンも合ったレース選択だと思いますがさすがに遠征しての左回りだとしんどいかもしれません。

京都牝馬ステークス注目点

同じく天候にもよりますが阪神の芝は良い状態で開幕を向かえておりここはスプリント寄りの馬に注目しています。人気になるでしょうがシゲルピンクルビーはマイル以下で強い4歳牝馬世代。桜花賞以降の敗戦はいずれも実力以外に敗戦を求められるレースをしておりここは好走条件が整いそうです。

ロータスランドドナウデルタの56キロ組はやはり斤量は気になるので復帰後好調な福永騎手のギルテッドミラーはある程度信用してもいいかなとは思っています。

1番人気が勝てていない今年の重賞ですが、人気はあくまでもマスコミと実際に馬券を買うファンによって作られるものなので全然気にしなくていいと思います。馬場傾向や血統、レース映像の復習、調教、パドック等は確固たる参考材料なのでこれらを吟味して難しい週末になりそうですが何とか1つ会心の的中がほしいところです!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました