【競馬予想】小倉大賞典〜最内に突っ込め〜

競馬
Pocket

今日はG1フェブラリーステークスですが小倉では小倉大賞典が行われます。G1の裏メイン、重賞じゃなくても好きなので楽しみです!しかし毎年のことながらこのレースは難しい。馬場状態も全く読めないですが基本的に最内か大外でないと最後の直線は厳しそうです。

スポンサーリンク

小倉大賞典予想

荒れ馬場だけに差し馬狙いは基本ですが、週の頭では逆張りして前の馬を考えていました。というのもワールドリバイバルが何とか出られたら面白いかなあと思っていました。結局出走表に名前はなく、狙い馬が出て来れない状況なので予想はさらに難しいです。

距離実績のないノルカソルカが逃げるとそれほどペースは上げなそうで、3コーナーから各馬外に膨れながら回ってきそうで、大外が伸びるのは間違いないですがどの馬が該当するのか予想するのもかなり難しいので、距離ロスなしで馬場の不利を相殺してその馬群の最内を突ける馬がいないかなと探し安直ながら最内のアールスターを本命にしました。
中山金杯では直線少し進路取りにスムーズさを欠きましたが最後までしっかりと伸び2着とは差のない競馬。ハンデ差を考えるとスカーフェイスとの差は逆転しても不思議なく小倉巧者でもありここは一発期待です。長岡騎手が最後最内を選択するかどうか。見守りたいと思います。

相手筆頭にはラジオNIKKEI賞の勝ち方が鮮やかだったヴァイスメテオール。パワーのある芝もこなしますし調教も良くあっさり突き抜けるならこの馬だと思います。
単穴にしたカデナもここではまだまだ実力上位だと思います。ただ騎手がテン乗りで一番大外から追い込む選択をするとさすがに厳しいかも。泉谷騎手のレースメイクに注目です。

充実のスカーフェイスも団野騎手共々要注意で、小倉記念3着のスーパーフェザーもこの斤量ならしぶとく差してきそうです。サトノアーサーも元々この距離得意。道悪は大丈夫ですが荒れ馬場適性は未知も近走も差のないところまで差してきているので穴で抑えます。
ノルカソルカもマイルのレースが割とある中こちらを選択している以上は距離は問題ない可能性高く逃げ残り注意。最後に今回は前に付けて欲しい期待を込めてジェネラーレウーノまで。
ランブリングアレーはこの距離得意の実力馬でパワーもありそうですが、正攻法の競馬をすると各ジョッキーが奇襲を仕掛けてきそうなこのレースには向かない気がして軽視。アリーヴォは大外から中段差しを狙うとさすがにロスが大きいかなと思ったので軽視しました。来ても驚かないんですが難しいレースなのでここは割り切っていきます。

◎アールスター
○ヴァイスメテオール
▲カデナ
△スカーフェイス
△スーパーフェザー
△サトノアーサー
△ノルカソルカ
△ジェネラーレウーノ

◎単複
◎→印へ馬単マルチ
◎→○▲→印へ三連複

コメント

タイトルとURLをコピーしました