【競馬展望】阪急杯〜高松宮記念への挑戦権をかけて〜

競馬
Pocket

日曜日に行われる阪急杯は去年はレシステンシア、インティチャンプ、ダノンファンタジーが走った豪華メンバーでした。今年はビッグネー厶はいませんが上がり馬、復活を期す馬など面白いメンバーが揃ったと思います。

スポンサーリンク

阪急杯注目点

なんと言っても馬場状態に注目です。高速で前が止まらず内有利。今回のレースも超ハイペースを演出するような存在もいないので先週の馬場が続くようなら差してくる馬はどれも届かない可能性もあります。

人気になりそうなグレイイングリーンは前走は非常に強かったですが、イン差しは岩田望騎手の得意なレースのひとつなので今回も内枠なら面白そう。馬場により届かないかもしれませんがここを突破するようなら高松宮記念でも面白い存在になりそうです。

ただ前が止まらなければヴィジュネルリレーションシップあたりも侮れないですし、1400に戻ってある程度前に行けそうな去年の2着馬ミッキーブリランテも楽しみです。

クリノガウディーはまだ6歳というくらいコンスタントに走る馬ですね。その昔朝日杯で馬券を取らせてもらったので個人的には右回りが駄目な印象はないですが3歳以降馬券になったのは全て左回り周りですし、大一番へ向けての仕上げに留まると思うので今回は微妙。

ダイアトニックは元々G1制覇も期待されるほどのスプリンター。今回の距離短縮は絶好ですしある程度自在性もある脚質で追い切りで問題ないようなら軸としては信頼出来るかも。同じロードカナロア産駒のグルーヴィットもこの距離は得意だと思うのでこちらも侮れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました