【競馬回顧】弥生賞、チューリップ賞〜牡牝2歳王者が共に敗退も〜

競馬
Pocket

こんばんは。日曜日の弥生賞、土曜日のチューリップ賞の回顧です。共に先々を占う上でも大事なレースだったと思います!

スポンサーリンク

弥生賞回顧

勝ったのは無印にしてしまったアスクビクターモア。今回もキレイなレースをしてしかも勝ちきりました!お見事でした。そもそもドウデュースと接戦歴のある馬でしたが権利取りがかかるレースでは仕上げが一枚上だった感じ。実際に勝ちきったのは大きくこれでダービーまで安泰になりました。

ドウデュースは今回はスムーズに行かずに惜しい2着でした。今回は1番人気だったのでスムーズにいかない可能性は起こり得たことなので不利とは思いませんが、これは良い経験でいかにもトライアルの負け方でした。評価は下げません。

期待したジャスティンロックは序盤は硬い走りをしておりさらにロングスパートを企画した所でブレーキ。それでも大外を回っての差し込みと4着は残念でしたが及第点だと思います。この馬の評価は逆に少し上がりました。

チューリップ賞回顧

素晴らしい勝ち方のナミュールは今回もスムーズではなかった競馬で、直線も進路確保には少し手こずった内容。それでも内残り馬場を豪快に勝ちきったのは素晴らしく、またスタートに改善があったのも次に繋がる好内容でした。ひとつ気になるとしたら馬体を増やして出て来れなかったことでしょうか。

2着はビックリのピンハイ!好走要因は内の馬場が良いということなんでしょうが、このメンバー相手なので十分に強い馬だったとしか思えません。これは楽しみな馬の出現かも…

3着サークルオブライフは今回は王道競馬を選択。馬場もいい所を通れての敗戦だけにやはりトライアル仕様だったとしか思えません。今回はいろいろ試せたと思いますし次は良くなりそうです。

とそんな訳でトライアル2レースの馬券は外れ!いや〜ピンハイは買えなかった!笑
オーシャンステークスは3頭だけを買ってワイドが的中!地味な当たりですがジャンダルムとビアンフェで10倍は良い配当だったと思います。ジャンダルムはついにスプリント戦でタイトル獲得と、好きな馬なので嬉しいです。

今週も3重賞。中でも金鯱賞のジャックドールに大注目です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました