【競馬予想】中山牝馬ステークス〜注目は3頭!しかし勝つかと言われると〜

競馬
Pocket

3月がめまいがするほど忙しく週中のブログ更新がままならない状況なのですが今週も3重傷が行われ、まず土曜日は難解な中山牝馬ステークスです。
毎年引退レースに走る馬も多く、かと言って勝負気配で来る馬も入れば入着狙いくらいで安全第一な馬もいて色々な思惑が交差する牝馬ハンデ重賞。ドナアトラエンテもここで引退とずっと期待されてきたこの素質馬が最後に重賞タイトルを取れるのかも注目です。

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス予想

各馬に突っ込みどころがあって難しいですがどうも平均ペース以上では流れそう。じゃあ末脚一番の馬が手堅いかと言われるとそうも言えないのが中山1800。今回もペースは向きそうなミスニューヨークは当然注目。しかしながらこの馬が今回も勝つかと言われると今回は中山の内回りになる分、先に抜け出された馬に勝ちを拾われる可能性も十分。

ドナアトラエンテテルツェットは共にデムーロ騎手がその実力を知っているというのがなんとも嫌な感じで軸にはし難い存在。その他に前者は右回り不安もあるものの重賞での運のなさ。福島牝馬ステークスの惜敗が今にして思えば本当に惜しくその他も雨が降ったり何となく重賞での勝負運が足りない。テルツェットは戦ってきた相手を考えれば実力上位も小柄な馬のトップハンデはやはり不安で田辺騎手が悪いわけではないものの予定されていた(と思われる)ルメール騎手が乗れなくなってしまったのも何となくツイてない印象。

ルビーカサブランカの愛知杯は内枠が伸びる馬場で内枠から差し脚を活かす武騎手の好プレー。ただ今回は条件がガラッと変わるのでそのまま鵜呑みにするのはこの中山牝馬ステークスというレースの性質上あまりに素直過ぎるかも。

愛知杯のハンデ差で有利と思われるのは今回はルビーカサブランカに1キロもらうことになるクールキャット。大野騎手がこの手の馬を馬券内に持ってくるのは割とイメージがつきやすく、不器用なこの馬にとってペースが早くなってバラける展開になれば馬群で器用さを求められなくて済むのではないかと思えば妙味有り。ただしやっぱり不器用な娘なのでこのコースで勝ちまでイメージするのはなかなか難しい。

一発という意味で面白いのはスライリー。ペースが流れて折り合いに不安がなくなりそうなのも外枠も良し。負ける時は惨敗なので心中するには勇気がいるが目は離せない存在。混戦やハイペースで怖いオルフェーヴル産駒の牝馬。いかにもここで穴を空けるキャラクターではあるはず。

他ではやっぱりこの世代の実力馬には敬意を表したいフェアリーポルカ。そして中山金杯がかなり圧がかかる展開で頑張ったシャムロックヒル。逃げ争いをうまくいなして3〜4番手を1頭ポツンで追走出来れば怖そう。

そんな訳で不安点を差し引いても買いたい馬はいるものの、勝つ馬の予想というところまでは至らず。今回は買ってみたい馬の組み合わせでふんわり買い目でいきます。

◎クールキャット
○ミスニューヨーク
▲スライリー
△テルツェット
△ドナアトラエンテ
△ルビーカサブランカ
△フェアリーポルカ
△シャムロックヒル

◎○▲馬連、ワイドBOX
◎○▲→◎○▲→印への三連複

コメント

タイトルとURLをコピーしました