【競馬回顧】スプリングステークス&先週の重賞〜記録的大敗の3日間競馬でした!〜

競馬
Pocket

こんばんは。3日間競馬に4重賞と怒涛の中央競馬でした!注目のレースはスプリングステークスと阪神大賞典だったと思いますが、ほぼ皐月賞へのステップが終わったと思うので(毎日杯から皐月賞に来る馬がいるか微妙)スプリングステークスについて回顧しようと思います。

スポンサーリンク

スプリングステークス回顧

勝ったビーアストニッシドは最内から自分の競馬で重賞制覇。期待した◎アルナシームのように自分の競馬を作っている馬が多い中で、逃げの形を持っている強みが存分に発揮されました。

アライバルは広いコースの中距離向きな印象ですがここまで持ってくるのはやはりルメール騎手はソツがない。

サトノヘリオスも内枠得意な岩田望騎手の騎手はソツがなく権利取り。

アサヒはスタート後の二の足の遅さに改善なくマクリも効かず。追い込み馬にするのかどうするのか判断に注目。

という訳で馬券は見事なタテでしたが、勝ったビーアストニッシドは京都2歳ステークス、シンザン記念、共同通信杯、スプリングステークスと走りこの世代の物差しになってくれている馬。

この馬に先着したジャスティンロック、ダノンベルーガ、ジオグリフはやはり強く、有力馬が休み明けだった弥生賞組も侮れず。イクイノックスは相手関係うんぬんよりも強いのは明白で、若葉ステークスを快勝したデシエルトも強そう。人気の盲点になりそうなのはオニャンコポンやジャスティンロックあたりでしょうか。今から皐月賞がとても楽しみです!!

阪神大賞典はディープボンドが余裕のある馬体で快勝。ではあるのですが着差が付きやすい長距離戦としては意外と辛勝だったかなという気もしているので、中間に型通り上向いてくれば良いですがあまりそんな感じでなければ本命候補から外すかもしれません。

 

馬券は4重賞はずれ…それはまだ良いとしても重賞以外も散々でとんでもない3日間競馬になりました!!笑
今週は高松宮記念と春のG1開幕にドバイも大注目、重賞も盛りだくさんともの凄い1週間なのですが今から自分の予想が怖いです!しかし懲りずに気持ちを新たに頑張っていこうと思います!それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました