【競馬展望】高松宮記念〜王者不在も精鋭揃い!〜

競馬
Pocket

こんばんは。春のG1がはじまります。まずはスプリント戦高松宮記念。昨年のスプリンターズステークスを勝ったピクシーナイトが居ないのは残念ですが好メンバーによる電撃戦は楽しみです。

天気予報を見ると今年も道悪になりそうでその適性がどうかも大事になりそうです。

スポンサーリンク

高松宮記念注目点

まずは上位人気の2頭、レシステンシアとグレナディアガーズどちらも乗り替わりですね。何となくルメール騎手→横山武騎手。川田騎手→福永騎手というのはジョッキーのタイプからすると違う騎手への乗り替わりという気がするので、どんな化学反応が起こるか楽しみです。

馬のキャラクターとしてはレシステンシアに横山武騎手は合うんじゃないかなと思っています。マイル以下でこの馬の実績は抜けてますし道悪も得意。昨年は復活を期す一戦として本番前に阪急杯を使いましたが今年はここに狙いを定めての始動で好印象です。

前述グレナディアガーズサリオスなどスプリント戦がはじめての馬の中ではやはりグレナディアガーズ。現状マイルだと少し長く、1400メートルで安定している感じでスプリントも問題なさそう。かつてのタワーオブロンドンのような距離適性のイメージです。跨った騎手がみんな絶賛する素質馬ですし今回は福永騎手に替わりパワー系のジョッキー以外でどう走るか未知でもありますが、中京コースですし福永騎手というのは心強いですね。

トゥラヴェスーラナランフレグシャインガーネットはいかにも穴党に好かれそうな存在で道悪も良さそうです。しかし道悪でも追い込み一気はなかなか決まり辛いメンバーだとも思うので枠次第でしょうか。

見違えるレースを見せたメイケイエールも道悪経験があり怖い存在です。疑い出したらキリがない馬ですが前走のポテンシャルで今回のメンバーに勝てるかという単純な見立てでいいかなと思っています。

ロータスランドは京都牝馬ステークスが良い内容でした。馬場が良かったとは言えスプリント戦のようなラップを先行し快勝。この馬も道悪歓迎でダイアトニックもそうですが、高松宮記念で予想される道悪馬場で前走1400メートルを先行していた馬の短縮はかなり良いなと思っています。

大穴ならファストフォース。枠の並び次第でスッと前に行ければ馬券内に粘り込みがあってもいいかなと思います。

馬場状態とともに枠の並びが非常に重要になりそうで、順当ならレシステンシアが勝ち負けですが、並びによって力をより発揮出来そうな馬、出来なそうな馬を探すレースかなと思っています。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました