【競馬予想】桜花賞〜今年のクラシックはとっても難しい!〜

競馬
Pocket

クラシックのはじまり桜花賞。ソダシが無敗の女王に輝いてから1年。今年は有力馬にもそれぞれ弱点があり、ソダシ、レシステンシアといったレース前に信じるにせよ信じないにせよレースの中心という存在は不在のもよう。

スポンサーリンク

桜花賞予想

人気も大混戦でそれも最も。ウォーターナビレラは予想以上に人気を集めているなあ、ナミュールは思ったより人気にならないなあというのが自分の印象。
しかしなかなか追い込み一気で決め切れる馬場でもなかったのでそこも難しい。もちろん外回りコースなので力があればそれを十分に発揮出来る舞台なのも間違いない。どういう狙いでも出来そうな今年の桜花賞ですね。

延々と悩み続けることが出来る今年の桜花賞なので、素直に各馬の対戦比較を紐解いていくとやはり暮れの阪神G1〜チューリップ賞の王道路線が強かったのは間違いないですし、完璧に当てるのはかなり難しそうなレースなだけにそういうシンプルさで勝負してみます。

本命はナミュール。阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞で共に1番人気で最速上がりの実力馬。スムーズな競馬に大きな懸念があるだけに大外はおそらく歓迎。チューリップ賞ではそれなりに速いペースを中団に付けられたので、スタートさえ出られれば後方に取り残されることはないと信じています。

悩んだ対抗にはサブライムアンセム。6戦目で未勝利脱出と早熟性を必要とする桜花賞においては狙うのは難しい馬ですがこの馬場で馬群から差してこれる馬を探してこの馬に行きつきました。超ハイペースに恵まれたと思う前走の勝利もメンバーレベルを上げてパフォーマンスを上げたのは好材料。

3番手サークルオブライフもなかなか難しい競馬になりそうなものの王道路線を上位に取る以上これ以上評価は落とせません。

以下ラブリイユアアイズも楽しみな存在。別路線では、ベルクレスタフォラブリューテアルーリングウェイ

◎ナミュール
○サブライムアンセム
▲サークルオブライフ
△ラブリイユアアイズ
△ベルクレスタ
△フォラブリューテ
△アルーリングウェイ

◎→印への馬連、三連複
◎→○→印への三連単

コメント

タイトルとURLをコピーしました