【競馬予想】天皇賞春〜2強は外枠!波乱は続くか!?〜

競馬
Pocket

さて天皇賞春です。相変わらずバタバタしていて青葉賞もあっという間に終わっていました。。。
しかし天皇賞はやっぱり参加せずにはいられません。個人的に長距離戦は大好きなので今年も楽しみです。
しかしディープボンドもタイトルホルダーも外枠とはびっくりしました。阪神の天皇賞。このタフなコースでどう考えても有利ではなく、大丈夫な可能性も大いにありますが、この枠順を見てやっぱりこの2強の間隙を突く予想を立てるのが競馬予想としては攻めの姿勢かなと思いました。

スポンサーリンク

天皇賞春予想

という訳で本命はアイアンバローズ。ある意味無難な予想でもあると思いますが、ここまで極端な枠になればベタに最内のこの馬を狙いたいです。この馬自身は揉まれる可能性のある内枠が良いとは思ってないのですが、逆に最内だからこそ前の意識は強く働くはずでタイトルホルダーを行かせての2番手あたりにピタッと収まってくれるのではないでしょうか。ここ2走タフなロングスパートで結果を出している馬ですしスタミナに不安なし。折り合いに難しいところがある馬ですがそれはステイゴールド系の前向きな面と好意的に考えています。タイトルホルダーをスタミナで押してそのままゴールを目指してほしいです。

対抗はやはりディープボンド。正直大外枠という要素以外に嫌いようがない馬なので、軸という意味ではこちらだと思います。ここは譲れない舞台ですし、和田騎手も長距離巧者。スタートも悪くないので好位を取ることも出来るでしょう。安全運転で行った時に大外枠が災いして取りこぼす可能性はあるかなと思いますが安定感では一番。

タイトルホルダーも菊花賞馬が前哨戦を勝ってここに出てきたのは評価しなければなりませんが、逃げがベストのこの馬がマークされる立場で逃げ切るのはやはり至難の業。よって上記2頭以上には評価しきれませんでした。菊花賞では本命にした思い入れのある馬ではありますが。

穴で面白そうなのはタガノディアマンテマイネルファンロン。ただタガノディアマンテはもっと内枠が、マイネルファンロンはもう少し外枠でもよかったと思っているので穴狙いで中心視するにはピースが欠けている印象もありあくまで伏兵の評価。

今回はこの5頭に絞って、アイアンバローズとディープボンドから、しかしながらこの2頭を本線として観戦しようと思います。

◎アイアンバローズ
○ディープボンド
△タイトルホルダー
△タガノディアマンテ
△マイネルファンロン

◎○→印への馬連。
◎○ワイド
◎→○馬単
印5頭三連複BOX

コメント

タイトルとURLをコピーしました