【競馬回顧】天皇賞春〜タイトルホルダー真っ向勝負!〜

競馬
Pocket

こんばんは。日曜日の天皇賞は凄かったです!タイトルホルダーは本当に強かった。

スポンサーリンク

天皇賞春回顧

菊花賞に続いて逃げ切りで天皇賞を制覇したタイトルホルダー。戦術はあからさま。手の内を知られていてなおこの強さですから見事としか言いようがありません。横山武史騎手でG1制覇を成し遂げた馬ですが、和生騎手も強気にかつ冷静に持ち味を存分に活かした騎乗でした。逃げのステイヤーで上位人気になっても勝ち切る馬というのはなかなか記憶になくこれからも盛り上げていってほしいです。

ディープボンドは今年も2着外枠もやはり影響はあったと思いますし、カラ馬が何とも絶妙なポジションに入っていて難しくなったのもあるかもしれません。しかしテーオーロイヤルを最後に交わしての2着は地力の証明ですしこの馬も強いです。ただ今日は相手が強かった。有馬記念では実際に先着している訳ですしどこかでこの馬に勝利の女神が微笑む日が来てほしいです。そしてテーオーロイヤルも凄く強くなっていました。初の斤量でこれだけ真っ向勝負をして馬券に絡むとは。

期待したいアイアンバローズはスタート後ちょっと折り合いを欠くシーンもあり、そして懸念していた通り包まれ気味なのが良くなかったのか外目の追走。しかし長距離戦だとそのロスもじわじわ効いてき最後は一杯になってしまったような印象でした。

そしてスタート直後の落馬で「カラ馬2着」となっていたシルヴァーソニック。レース後拉致激突となり心配でしたが人馬とも無事のようで良かったです。カラ馬激走だとギャロップダイナが真っ先に浮かびますがその様に出世するかもしれませんね!

予想はなんとか、自慢出来る内容でないものの的中。ただ予想上的中を拾えていたことは良かったと思うのでここから良い流れになるように頑張りたいです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました