【競馬展望】オークス〜令和の樫男デムーロ!?先週の回顧も少し〜

競馬
Pocket

さあいよいよ今週はオークス、来週はダービーと競馬の最も瑞々しいシーズンになりました。好レースを期待しています。

まずはヴィクトリアマイルの回顧ですが、ソダシが好タイムで快勝。思ったよりも馬場が回復し高速馬場になっていたのでソダシが快勝しファインルージュも絡んでくる決着もその適性が出た印象でした。期待したいレイパパレはアクシデントがあり残念でしたが、想定した馬場でなかったのも確かなので、アクシデントが無ければ好走してたとも言えません。久々のデアリングタクトはインコースを立ち回っての6着。この馬からしたからこの着順自体に全く意味はないですが無事に走りきったことが何より良かったと思います。

先週は高速馬場ではあるものの差しが効かない馬場ではなく、またインぴったりが残る感じでもなく。オークスは馬場も中央から外あたりが良さそうなのでそのあたりを回ってこれそうな馬を狙いたいです。

スポンサーリンク

オークス注目点

まず桜花賞が大接戦。スローペースでもありましたし内有利の馬場だったのも間違いなさそうです。

桜花賞を勝ったスターズオンアースは直線前がなかなか開かず開いてからもぶつけられながらの激しい競馬。あれで勝てたのは川田騎手の豪腕と馬の能力でスムーズならもっと楽に勝っていたかもしれません。逆に相手に不利があったにも関わらず勝てなかったウォーターナビレラは非常にもったいない星を落としたと思いますし、逃したタイトルが大き過ぎます。

サークルオブライフも外から差し込んで僅差4着。そもそもオークス向きと陣営も評価していた馬でG1馬でもあり実績十分。桜花賞をプラス体重で消化出来た点もチューリップ賞で前に付ける経験がある点も好材料。唯一懸念は人気を背負った中で6番という馬番でマークされて動けなくなること。ただ先週を見ても直線に入れば各馬ある程度バラけそうなのでおそらく大丈夫とは思います。
令和のオークスで強さを見せるデムーロ騎手なのは心強いですね。

ナミュールは権利取りを賭けたチューリップ賞でピークを迎えてしまっていたかのような馬体減。枠自体は非常に良いと思うのですがここから更なる上積みがあるかというと疑問ではあります。

桜花賞組で面白そうなのは末脚に実績のあるベルクレスタプレサージュリフト。前者は馬体減が気になるものの桜花賞では直線スムーズに進路を確保出来なかったものの良い脚でした。後者はほぼ確実に出遅れる点は気になりますがクイーンカップで桜花賞馬を破っていますしやはり強い馬です。

別路線組の期待を集めるアートハウスは美しい馬体の持ち主で、忘れな草賞はメンバーレベルは低いものの少頭数ながら馬群での競馬や馬の間からの抜け出しをノーステッキで決めた素質馬。後半徐々に速くなるラップを刻んだレースでの圧勝も面白いですし、キャリアの浅い馬だけに輸送を含めて不安要素もありますが今年のメンバーなら上位の素質を持っているとは思います。

後は当日の馬場ですね。

明日の平安ステークスで復帰のテーオーケインズも楽しみですね!この馬が強いのは置いておいて何か差し馬を決めてその馬から狙ってみようかなと思います。


それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました