【展望】愛知杯 〜寒さ厳しくなってきた冬の牝馬ハンデ重賞。荒れそう?荒れなそう?中々の好メンバーによる古馬牝馬重賞戦線の開幕!〜

競馬
Pocket

こんばんは!
今週の競馬は土日開催に戻ってやっと日常の競馬に戻ってきた感じがします。3重賞が組まれていますがそのうち2つはハンデ戦でもあり中々難しそうです。そして小倉競馬もスタートし3場開催。去年の冬の小倉はかなり雨の影響を受け、芝のレースはほぼ特殊な馬場で行われていた記憶があります。

愛知杯は結構良いメンバーが集まっている感じもしていて実力馬をどのように買うか(買わないか)がポイントになりそうです。


愛知杯注目馬

センテリュオ
昨秋オールカマー勝ちでエリザベス女王杯もまずまずの好走。鞍上もルメール騎手で、特に無理矢理嫌う理由も無さそう。左回り経験は浅いですが、一昨年の新潟記念は展開を考えるとそれほど悪くなかったと思うので、そこを不安視されるようならむしろ買いたい。

シゲルピンクダイヤ
昨年強さを見せつけた強い5歳牝馬世代で、この馬もその中心で走っていた馬。こちらも特にマイナス要素も無く素直に好レースを期待します。前走は良いスタートを切り同コース2000メートル戦でも好走。前走よりは馬場は荒れているとは思いますが、一変しているとは言い切れずまずまず前走の内容はそのまま評価してもいいかも。

ウインマイティー
いかにも荒れ馬場が向きそうなゴールドシップ産駒。昨秋は結果的に紫苑ステークスが一番のデキだった気がします。立て直した今回は試金石ですね。騎手が代わり前で粘り込みを図る競馬をすれば、オークスで好走した左回りですし馬券内は十分狙えそうです。

マジックキャッスル
荒れ馬場の秋華賞で好走したマジックキャッスルもこの舞台は悪くなさそう。なかなか勝ちきれない馬ではありますが、オークス以来世代上位の決めてを繰り出している馬であります。差しが決まりそうな馬場に変化していたら面白そう。日曜日の芝のレース傾向によっては一気に浮上しそうです。

サトノダムゼル
3歳時より期待されていた馬がオープンクラスでも好走し本格化の気配。去年の初音ステークス以来一連の相手関係から牝馬ハンデ重賞なら十分勝負になりそう。昨年の新潟記念の内容も良く、ここも好走を期待していますが懸念としては、ルメール騎手にマークされる川田騎手。という重賞やG1ではおなじみの必殺パターンにハマりそうな気も…。

このレースは人気を集めそうな馬に、自分としてはそれなりに納得の根拠があり、あまり積極的に嫌いたい上位人気馬も居ません。いかにも荒れそうな牝馬ハンデ戦ですが、今のところ上位人気馬を買おうかなと思っています。
買い方は難しそうですが、単純に不当に人気が無いと感じた馬から馬券妙味を狙って買ってみるという感じでも良いかなと考えています。ただ枠順はやっぱり注目ですね。

それでは!

コメント

  1. […] otouma 音楽と競馬2021-01-13 18:32:39【展望】愛知杯 〜寒さ厳しくなってきた… 予想 競馬 カイ otouma 音楽と競馬 […]

タイトルとURLをコピーしました