【展望】日経新春杯&京成杯 〜冬の伝統の重賞。日経新春杯は話題の高額馬が登場。京成杯は特に混戦で予想が難しい!〜

競馬
Pocket

こんばんは!
今日は日経新春杯と京成杯の注目馬です。

日経新春杯で思い出に残っているのはレーヴミストラルです。
レーヴドスカーの子供たち、一族が好きなので嬉しかったです。あと近年は日経新春杯から天皇賞春で好走する馬が出ていますね。今年は中京競馬場ということもありますし分かりませんが、春に向けて良いステップにしたい馬が出てきました。

京成杯は、、会心の予想が出来た記憶がありません(笑)今年もそうなんですが毎年能力比較が難しいメンバーが揃うこと、冬の中山でパワー馬場となり、そういった馬場の経験を持つ馬が稀であること、圧倒する強さで勝ってきた馬があまりこのレースには出てこないこと等、難解この上ないです。今年も予想をどうまとめようか思案中です。


日経新春杯注目馬


ヴェロックス
実績最上位のヴェロックス。昨年はローカルハンデ戦2つの出走のみ。この馬の実績や実力を考えるとそもそも不思議なレース選択でした。今回も中京ですが今回は京都の代替開催。やっと本馬に相応しい格のレースへの出走と思います。ただ荒れ馬場が向くかは去年の小倉大賞典を見る限り微妙という気も。けれど馬体自体はパワフルでこなしそう。そこが難しい。

アドマイヤビルゴ
高額で話題のこの馬ですが、なるべく戦歴に傷が付かないように大事に使われている印象です。現状の競馬内容から距離は大丈夫だと思いますが、存外距離が長くなれば良いかどうかはまだ未知数。あとは荒れ馬場が鍵でしょうか。ハンデはやはり1キロ重い気が…。人気と自分の印象を重ねると積極的に買いたいとは思わないです。

サンレイポケット
去年の今頃はまだ2勝クラスだった馬。昨年大躍進し今年こそ重賞が欲しい本馬。年齢の割にはレース数は少なくまだ能力アップも見込めそう。鞍上もそろそろ重賞を勝ちたいですね。前走は外伸び馬場で外に出せなかった分と思っています。荒れ馬場は得意だと思いますがもちろん伸びる場所を走りたい。 

ダイワキャグニー
ジャパンカップで6着に来たこともあるので距離は持つと思いますが、重馬場をこなせますが基本的にはスピードを活かしたいタイプだと思います。この中京コースでの2200メートルは中々タフそうで、そこはポイントだと思います。 毎日王冠の着差を考えるとやはりサンレイポケットとの差は斤量差で逆転してしまうかなという印象。

京成杯注目馬

タイソウ
タイソウのデビュー戦は力強さを感じさせる走りと2番手から楽勝。加速ラップでまとめたのは超スローペースだったので特筆するところでは無いと思いますが、小頭数とは言え外枠からその超スローで我慢出来ていた点と、伸びやかなフットワークはなかなか素質を感じさせる内容でした。この組み合わせなら馬券圏内に来てくれないかなと期待しています。今の中山コースはパワーが必要なものの時計もそれなりに出ているので、暮れの阪神芝でデビュー勝ちというのはこの適性に近いかなと考えています。大跳びの走りだけに小回りコースが鍵でしょうからスムーズにレースが出来そうな枠、もしくは枠の並びが欲しいですね。石橋騎手には合ってそうな馬。

他には出てくればヴェローチェオロに注目していましたがここはかなり難しいですね。この先のレースを予想する上での投資のつもりで予想してみますが、ある程度開き直って買わないと点数だけ多くなってしまいそうです。難しいですね。

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました