【回顧】愛知杯&日経新春杯&京成杯 〜難しかった3重賞。春に繋がりそうな馬は?〜

競馬
Pocket

お疲れ様です!
今週は3重賞でしたね。お疲れ様でした。難しかった!


愛知杯回顧

見た目にも顕著に馬場が荒れてきており、そんなながら思ったよりペースが流れました。△センテリュオをはじめ、荒れ馬場で力が発揮出来ない馬もいる中で◎マジックキャッスルが力強く伸び勝利。好調福永騎手のランブリングアレーも惜しい2着。この馬がこんな展開でも来れるとは驚きました。3着のウラヌスチャームもタフさが問われた競馬になったのが良かった印象。勝ったマジックキャッスルは、これで前途が開けました!今回展開が向いた面もありますが、ずっとトップレベルと戦ってきた馬だけにこの先も軽視できません。


日経新春杯回顧

こちらもかなり馬場が荒れているなという特殊な競馬になった感じはありますが、結果も大波乱!ショウリュウイクゾが力強く抜けて勝利し、愛知杯でなくこちらに参戦してきたミスマンマミーアが2着。確かにこういう荒れ馬場が得意そうな血統とは言えなかなかこれを当てるのは難しい。馬場の良いところを選べた馬という気もするのですが、次走以降の狙いどころが難しいです。基本的にここで大敗した人気馬たちも馬場の良いコースへ変われば結果は違うと思うので度外視でも良いと思うのですが、なかなかハードな競馬になったようにも見受けられるので中間を含め今後どのような調整過程を踏むか注目しなければならなそうです。
期待した◎サンレイポケットは惜しくも4着で複勝ならず。。まあここまで波乱となってしまっては仕方ありません。切り替えていきます!


京成杯回顧

スローペースから長く脚を使うレースとなった今年の京成杯。やはり目立ったのは上位2頭。グラティアスは直線ルメール騎手が最内を選択しての勝利。好判断というべきか突けるのがそこしかなかったというべきか。ただ他馬が避けた最内から着差を付けての勝利というのは、スローペースを勘案しても強い内容でした。
タイムトゥヘヴンは上手にレースを作り2着こちらは前走とは違い上手に競馬が出来た印象で、ずっと目標にされ続けながらの2着は非常に価値が高いと思います。血統馬でもありますし今後に伸びしろがありそうです。
期待した◎タイソウ前走同様強気の競馬でしたが4コーナー手前で手応え怪しく敗退。石橋騎手は期待した通りの競馬をしてくれましたが力不足だった模様。これからの成長に期待します。
ルメール機種が鮮やかに抜けてカッコ良いレースでしたが、あくまで1勝馬同士のレースでしたので、勝ち馬を含め次が試金石になると思います。皐月賞に繋がることもあるレースなので各馬成長し他の有力馬に迫るか注目です。


というわけで馬券は愛知杯の単複のみ。相手が全部抜けてしまいダメダメでしたが本命を間違えなかったのは良かったです。思ったよりオッズも付いたので一応良しとしときます。そろそろしっかりとした当たりが欲しいなと思っていたのですが、京成杯はともかく日経新春杯を見るとやっぱり競馬は難しいなと思わざるを得ないですね(笑)
次週は久しぶりに5日空いての競馬となることですし、一喜一憂しつつも競馬を楽しむ。という気持ちで来週もまたしっかり考えてみたいと思います!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました