【展望】根岸ステークス 〜フェブラリーステークスの前哨戦!先を見据えた馬を買うか。この舞台がベストと思われる馬を買うか〜

競馬
Pocket

お疲れ様です!

いよいよ2021年も東京競馬場開幕。開幕週の重賞はG3根岸ステークス。去年はモズアスコットがダートで素晴らしい変わり身を見せて快勝。そのままフェブラリーステークスも制していきました。
G1の前哨戦としての位置付けのレースですが距離が1400メートルと絶妙なため、この距離、舞台がベストと思われる馬を重要視しようかなと思っています。ただフェブラリーステークスでも勝負になると思われる馬がいれば多少の適性は度外視で狙います。

スポンサーリンク

根岸ステークス注目馬

ステルヴィオ
去年のモズアスコットを彷彿とさせる芝マイルG1ホースの参戦です。斤量は重めですが1400メートルは大得意。能力があるのも明白。ただダートが合うかは正直わかりません。中山芝でも好走しているのでパワー自体は秘めていると思うのでここが悩みどころですね。どのくらいの人気になるのか気になるところ。

レッドルゼル
こちらもロードカナロア産駒のレッドルゼル。1200だと後方からの追走になりますが、1400戦であれば中段くらいには付けられそうです。ここへ来て力を付けている馬ですしここを目標に来ている感じもします。ただまだ重賞で2着が1回あるだけの馬。メンバーレベルはその前走より上がっていると思うので力関係がどうでしょうか。

ヤマニンアンプリメ
1200〜1400戦線で安定して走っているヤマニンアンプリメ。どのコースでも比較的安定しており、特に最近は1400メートルの方がレースがしやすそう。脚質にも幅があるベテランの牝馬で、武豊騎手もここでインティの雪辱を晴らしたいところでしょう。この後交流重賞戦線も控えているのでここへどのくらいの本気度で来るかでしょうか。

サクセスエナジー
この馬も1400大得意の戦績の馬です。前走は園田で見事な差し切り勝ちを決めるなどここへ来て充実著しいですね。直線に坂のないコースの方がいいのかなあといったイメージを持っている馬ですが、前回追いかける競馬が出来たので、比較的ペースが流れそうな今回は面白そうです。

テイエムサウスダン
秋に大幅に馬体重を増やし、前走リステッドを制覇したテイエムサウスダン。そのすばるステークスが恐ろしく強い競馬でした。4番手から競馬が出来たのも好印象です。あっさり新星誕生となればこの馬かなという気がします。

デザートストーム
出走表に名を連ねていれば面白そうだと思うのがデザートストーム。7歳30戦目にして向かう重賞の舞台ですが、その末脚は破壊力十分。今回流れそうなメンバー構成なのでうまく捌ければ馬券圏内は十分可能性があると思います。三浦騎手が想定されているようで、府中ダートで追える三浦騎手も良いと思います。

タイムフライヤー
ルメール騎手騎乗で人気を集めそうなタイムフライヤー。この馬をどう扱うかが非常に難しいです。追い込み決着となった武蔵野ステークスの二の舞になりそうな展開が考えられますし、しかし去年のフェブラリーステークスでは厳しい流れを踏ん張り5着健闘。コーナーで脚を使う競馬の方が合っている印象はあるので軽視したいところですが、力はある馬なので適性にハマっている馬ではないと思うのですがそこが難しいです。

アルクトス
南部杯をすごいタイムで勝ち。タイトルホルダーとなったアルクトス。この舞台は合っている舞台だと思いますし、格上なのも明らか。前に行きたい速い馬が揃ってはいますが、それでも番手から押し切っても全く不思議のない馬なので59キロが嫌われるようでも切ることはしないと思います。

 

後は枠の並びによって、展開的に前がキツそうか残れそうかで上記以外の馬も含めて考えてみようと思います。混戦模様でちょっと絞れそうにはありませんので、馬券の買い方も考えなければと思っているところです。

それでは!

コメント

  1. […] otouma 音楽と競馬2021-01-28 20:05:09【展望】根岸ステークス 〜フェブラリー… […]

タイトルとURLをコピーしました