【回顧】根岸ステークス&シルクロードステークス

競馬
Pocket

こんばんは。ここのところ朝と夜は本当に寒いてですね。しかし東京は天気が良くてまさに競馬日和でした。早く競馬場へ遊びに行きたいものです。

スポンサーリンク

根岸ステークス回顧

フェアリーステークスの前哨戦根岸ステークスは△レッドルゼルが勝利!上位人気とは言え、内枠で乗り難しそうな中で川田騎手が図ったように前に出ていました。こういう騎乗を見ると本当に痺れてしまいます。恐れ入りました。

ワンダーリーデルも府中で走る馬ですがこの馬も内枠は向かないと思っていただけに勝春ジョッキーの腹のくくりようがお見事でした。タイムフライヤーをこの距離に対応させたルメール騎手もやっぱりすごいです。
惜しいのはアルクトス。この馬は内枠がほしかったことと思います。しかしこの斤量でこの僅差ですから改めて力は示しました。◎スマートダンディーは一瞬伸びて来ましたが揉まれこまれて圏外。いやぁこのレースは難し過ぎました!

シルクロードステークス回顧

ラウダシオンの複勝だけ当たり(涙)シヴァージを消していたので完敗です。中京の一番伸びる所を見事に差し込んだ福永騎手はお見事!荒れ馬場走りますね。参りました。本番と同じコースでの勝利は次走に向けて非常に明るい材料ですね!

△ライトオンキューは内枠が得意そうな馬に見えないのですがしぶとく伸びました。荒れ馬場でコーナーでスペースが出来たのと、やはりこういう馬場は得意なのでしょうか。

期待した◎ラウダシオンは3着。ちょっと反応が鈍く久しぶりのスプリントに戸惑ったのでしょうか。しかし正攻法の競馬で崩れませんでしたし、本番へ向けてという意味では及第点の内容だったと思います。

▲モズスーパーフレアは2年前の高松宮記念を見るような敗退。逃げ馬なので大敗は気にしなくてもいいでしょうが、また調子を取り戻してほしいです。複勝が自分が思っていたよりは付いたので多少溜飲は下がりましたが、今回の勝馬を消してしまったのは大いに反省です。

今日の府中の芝は人気のディープインパクト産駒がきっちり結果を出していましたね。4コーナーも外から動いて行ってもそのまま伸びてきており、そこまで最内だけが有利、ということでもないのかもしれません。しかし今週からいよいよ春のG1を目指す有力馬も始動してきました。来週は東京新聞杯ときさらぎ賞が組まれていますね。まだまだ寒い日が続きますが、徐々に始動する有力馬を見ていると少しだけ春が近づいて来ている予兆がします。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました