【回顧】川崎記念 〜今年の初G1、地方の意地が中央馬をねじ伏せる!馬場を味方につける積極的な好騎乗が光った一戦!〜

競馬
Pocket

こんばんは。

全然雨は振らなかったですね。なかなか気候のいい中で、しかしながら不良馬場で行われた好メンバーの川崎記念。いやあ張田騎手お見事!見事な逃げ切りで前走東京大賞典のリベンジ達成と、地方の意地を見せてくれました!

スポンサーリンク

川崎記念回顧

カジノフォンテンの見事な逃げ切り!前が圧倒的に有利な馬場の中で、スタートから積極的に位置を取りに行ったところで、勝ち負けになるのは確定していたのかもしれません。道中ダノンファラオの川田騎手がつついて、カジノフォンテンも早めに脚を使い出す流れになったことも結果的に良かったんじゃないかなと思います。
張田騎手もこれで全国区になって欲しいです!これからもこのコンビで中央の馬を相手に名勝負を見せてくれると思います。ちょっとファンになりました。おめでとうございます!!

オメガパフュームは向かない馬場の中しっかりと自分の競馬はしていたと思いますが、ちょっと馬場が前残り過ぎたかもしれません。デムーロ騎手も悔しいでしょうが、こういうこともあります。馬の力があると言えばそれまでですが、向かない馬場になってもしっかり2着は確保する訳なのでやはり強い馬です。今日の負けは割り切れるのではないでしょうか。

ダノンファラオは積極的に進め3着。この馬もタービランスも積極的に行ってこの馬場を活かした印象です。しかしこの馬はスムーズに先行すればしぶといですね。今後も揉まれる展開になりそうかどうかで扱いを考えて行かなければなりません。今日は積極的に行ったものが結果を出しましたね。大井でもはやトップジョッキーと言って過言ではない笹川騎手もやはり積極策で定評のある川田騎手も、馬の力を存分に引き出す、馬を動かす好騎乗だったと思います。

ミューチャリーは一発を狙うような騎乗で、中段インで溜めて、最後に賭ける競馬をしていましたがやはり差しに向かない馬場もあってか馬券圏外。しかし御神本騎手は勝負に行っての騎乗だと思うのでこういう腹を括った騎乗で届かなかったのは仕方ないです。それよりも最後は鋭く伸びてきており、むしろやはり力はあるなと思いました。

馬券はやはり3連系は自分には難しいといつもの愚痴をぼやきつつも、今年初のビッグレースを手堅い馬券ながら本線で的中できたので良しとします!
それよりも今日は地方馬が中央の強豪を抑えての勝利と、なんともロマン溢れる結果に終わった今年の初G1。カジノフォンテンの勇姿と張田騎手の清々しいガッツポーズを見れて嬉しかったです!

またすぐに週末です。日曜の重賞も当てられるように頑張ります。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました