【展望】きらさぎ賞注目馬〜中京から春のクラシックを狙う〜

競馬
Pocket

今週日曜日中京競馬場ではきさらぎ賞が行われます。例年と違って中京2000メートル戦。左回りという意味ではダービーに向けての良い経験になりそうですが、荒れ馬場でコース形態を考えると本番の適性を測れるかというと少し微妙に感じます。逆に言えば本番の適性からは少し外れそうな馬がここでは来そうな気がしています。まあ3歳のこの時期にその適性を見極めるのもなかなか難しいのですが…。

スポンサーリンク

きさらぎ賞注目馬

ヨーホーレイク
前走G1ホープフルステークスで3着のこの馬がここではやはり格上の存在。力強く伸びてきた前走やその前にはある程度の器用さも見せていましたし、調子落ちがなければやっぱりここは中心の評価になるよなあと思います。今後のためにはここで賞金加算をしておきたいところでしょうが、一方で前走の3着は武豊騎手か着狙いの騎乗であったようにも見えました。どんなレースでも対応出来そうですが主役の立場で勝ち切れるとも言い難く難しいです。

ラーゴム
オルフェーヴル産駒にして今のところ安定した成績を残している馬。アイビーステークスはオーソクレースに狭いところから抜け出されあれで負けるのは仕方ない競馬でしたし、前走も瞬発力勝負で勝ち馬の目標のようにもなってしまったものの、しっかり2着は確保し結果を出しました。パワフルさを感じる走りですしこの舞台設定も合いそう。後は力関係がどうかですがオーソクレースを基準に考えれば通用しように思います。

ディオスバリエンテ
良血ディオスバリエンテも大いに気になる存在です。未勝利戦を好タイムで圧勝しているボーデンに勝利している馬ですし、母のディアデラノビアも中京2000メートルの重賞を勝っています。まだキャリア1戦ですしここはまさに試金石でしょうが、現時点でどのくらい通用するのか楽しみです。

ランドオブリバティ
ホープフルステークスで大逸走したこの馬がここから始動。気性の難しさが今回出るか出ないのかは正直わかりません。しかし陣営が使ってくる以上は大丈夫だと思いたいです。しかし試走の位置づけなのか勝ち負けにきているのかが馬券を考える上では大きいなポイントだと思うので、そのあたりは追い切りやコメントなどを見て判断しようと思います。この馬にとってきさらぎ賞はクラシックだけでなく大きな意味で今後がかかっている一戦かもしれません。正念場のレースでどんな回答を出すのでしょうか。

 

きさらぎ賞と聞くといよいよクラシックを感じますね。今年もそれなりにメンバーの揃った一戦だと思います。最注目はやはりランドオブリバティの走りになるでしょうか。恐らく課題を持って望む一戦になると思いますが、普通に走った上でよほど弱気に乗らない限り能力的にはやはり上位には来そうです。

それでは!

コメント

  1. […] otouma 音楽と競馬2021-02-02 19:07:11【展望】きらさぎ賞注目馬〜中京から春の… […]

タイトルとURLをコピーしました