【展望】東京新聞杯注目馬〜なかなかの混戦ムードで組み立て方が難しそう〜

競馬
Pocket

日曜東京競馬場では東京新聞杯。先週はディープインパクト産駒が鋭い差し脚を繰り出し活躍していました。かなり速い上がりを必要する馬場でしたが現時点ではその馬場が続いていると想定しておきます。冬の府中コース、前残りにもなるし差し決着にもなり、荒れることも多いレースですので買い方を含め難しそうです。
そしてピースオブパラディが出てこないのは残念です。ここは絶好の条件だったと思うけどなあ。

スポンサーリンク

東京新聞杯注目馬

ヴァンドギャルド
1番人気濃厚のこの馬ですが納得です。去年より明らかに力を付けていますし、同じ舞台で重賞勝ち、G1でも0.5差、ディープインパクト産駒、好調福永騎手と、良い材料満載です。軸としては最適な感じがしますが、これだけ買い要素があると逆に不安です(笑)競馬予想としては、この馬を素直に信頼するかどうか、違う馬からこの馬にぶつけてみるかが最初のポイントかなと思っています。

トリプルエース
今回はルメール騎手騎乗なのでそれだけで人気になりそうですが、トリプルエースの前走は明らかに展開と枠順が恵まれませんでした。今回も後ろからまとめて交わせるようなメンバーではないかもしれませんが、そこはルメール騎手のこと、中団少し前あたりに付けて競馬が出来れば他の馬を抑え込むことも出来るのではないでしょうか。後はこのメンバー相手に高速の上がりを繰り出せるかどうか。

ロードマイウェイ
この馬も前走京都金杯では展開向かず、差し脚も繰り出せないまま大敗しました。しかし2走前は今回のコースで良い脚を見せていますし、人気が落ちるであろう今回はちょっと押さえておこうかなと思っています。追える横山武騎手で想定されているのも良いと思いますし、府中にコースでのレースでは比較的安定しているので差し脚が活きる展開になって欲しいところ。

ダイワキャグニー
前走日経新春杯では馬場も距離も合わなかった印象のダイワキャグニーは距離短縮となるここへ向かってきました。得意の東京コースでキッチリ結果を残したいところでしょうし、ここは勝負をかけてくる予感がします。この馬は逆に前が残る展開が理想なので枠の並びや当日の馬場状態でどのように扱うか考えたいです。

エントシャイデン
京都金杯では逃げて粘りに粘って3着激走。川須騎手とのコンビで2度目の重賞3着。逃げ差し自在でいいコンビですね。前走で結果を出したので今回も前目の競馬になるでしょうが、引き続き人気がないようなら押さえておかなければならないと思います。

シャドウディーヴァ
昨年のこのレースの2着馬で、差し脚鋭いシャドウディーヴァ。差し合いに強いというよりはバテる馬が出る展開や他馬が伸びあぐねる馬場での決めてに秀でている印象の馬です。競馬場や右回り左回りについては問わない馬ではあるので、上記のような展開になると予想するかどうかでしょうか。

 

東京競馬場は高速決着が出そうな馬場状態ではあるので、やはり上がりの時計がある程度計算出来る馬は買わないといけないかなと思っています。

それでは!

コメント

  1. […] otouma 音楽と競馬2021-02-03 22:30:12【展望】東京新聞杯注目馬〜なかなかの混… […]

タイトルとURLをコピーしました