【回顧】きさらぎ賞&東京新聞杯〜両レース共に見応え十分な好勝負!そして菅原明騎手おめでとう!〜

競馬
Pocket

こんばんは。今日はきさらぎ賞と東京新聞杯が行われました。どちらの重賞も非常に熱戦で見応えがありました。両レースの勝ち馬共に、この先も楽しみです!

スポンサーリンク

きさらぎ賞回顧

先行し押し切った◎ラーゴムは道中少し力む面があったもののインコースで馬を置いてなだめ、何とか余力を残しました。気性に課題がありそうですが、これまでもすでに力を見せていた馬ですし、今後も長く楽しませてくれる馬になるのかなと思います。

○ヨーホーレイクは交わしそうな勢いで、鋭い脚で追い込み惜しくも2着。勝馬とは馬場適性の差もあったかなと思います。しかしここで賞金加算出来たのは大きいので十分な戦果なのではないでしょうか。

▲ランドオブリバティは抑える競馬を試して最後に3着まで押し上げました。この馬は今回課題を持っての競馬だったと思うのでそういう意味では収穫の多いレースだったと思います。上位の3頭はそれぞれ収穫があり、大きいレースになりましたね。まだまだ戦いは続くので今日の一戦で得たものは大きそうです。

馬券は◎○▲で単複、馬連、ワイド、3連単とオール的中!!人気の組み合わせなので配当は全然威張れるものではないですがやっぱり嬉しいです!ちょっとだけ△タガノカイが粘らないかなーと欲を出して見ていました(笑)

東京新聞杯回顧

菅原明騎手重賞初制覇!カラテは窮屈になる部分がありながら直線では良い脚で伸び、外からカテドラルがやってくるとさらに内から勝負根性を見せて1着。この馬の前走を見て、いかにも中山が得意な馬だろうと軽視してしまいました…。このメンバー相手にこれだけの競馬が出来るのであればこの馬の前途も洋々。菅原ジョッキーとのコンビでこれからも沸かせてくれることでしょう。おめでとうございます!!

カテドラルも差し脚鋭いオープン馬、ちょっと手が回らなかったのが残念ですが、来られてみればそれほど不思議ない馬でした。府中の直線を活かす良い脚でした。

期待した◎シャドウディーヴァは直線真っ向勝負で3着。イン差しが出来なかった分の負けとは思いますが、これだけ走ってくれて文句は言えません。十分に走ってくれたと思うので引き続きこの馬の重賞制覇を期待しています。

○トリプルエースは懸念した通り速い脚を求められるコースが合わなかったのか、他に原因があるのか…案外でした。▲ヴァンドギャルドはやはり中間の調整過程に疑問があった通りの結果に。ただそれでも王道競馬でここまで走っているので全然見限れないと思います。

こちらの馬券は辛うじて◎複勝のみ当たり(涙)人気薄が来てくれたのでその分配当は救われましたが、多めに流しても当たらない時は当たらないものです。でも東西とも本命が馬券内に来てくれているので十分楽しめました!


来週はクイーンカップ、共同通信杯、京都記念と3重賞が行われます。特に共同通信杯はステラヴェローチェ登場に、強い勝ち方をした素質馬等が挑む構図でこれは目が離せません!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました